ガンダム Gのレコンギスタ:富野新作10月からテレビ放送 MBSアニメイズムで

アニメ
「ガンダム Gのレコンギスタ」のビジュアル(C)創通・サンライズ

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督が手がけるシリーズ最新作「ガンダム Gのレコンギスタ」が、テレビアニメとして10月からMBSの深夜アニメ枠「アニメイズム」で放送されることが23日、明らかになった。また、第1~3話をまとめた先行版がTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)などで8月23日~9月5日に上映されるほか、動画配信サービス「dアニメストア」で9月8~30日に配信される。

 「ガンダム Gのレコンギスタ」は、「機動戦士ガンダム」の35周年記念作品の一つで、富野監督が同シリーズの長編作品を制作するのは、2005~06年に3部作として公開された劇場版アニメ「機動戦士Zガンダム」以来、8年ぶり。ファーストガンダムの宇宙世紀の次の世紀となる“リギルド・センチュリー”を舞台に、軌道エレベーターを守る組織のキャピタル・ガードのパイロット候補生ベルリ・ゼナムが冒険する姿を描く。主人公の愛機の「G-セルフ」は、未知のテクノロジーで作られたガンダムで、選ばれた者しか起動できないという設定となる。

 キャラクターデザインを吉田健一さん、メカデザインを安田朗さん、刑部一平さん、山根公利さん、音楽を菅野祐悟さんが手がける。声優はベルリ役を石井マークさんが務めるほか、嶋村侑さん、寿美菜子さん、逢坂良太さん、高垣彩陽さん、福井裕佳梨さん、佐藤拓也さんらが出演する。

 ◇主なスタッフとキャスト(敬称略)

 総監督:富野由悠季▽キャラクターデザイン:吉田健一▽メカニカルデザイン:安田 朗、形部一平、山根公利▽デザインワークス:コヤマシゲト、西村キヌ、剛田チーズ、内田パブロ、沙倉拓実、倉島亜由美▽色彩設計:水田信子▽美術:岡田有章▽音楽:菅野祐悟▽音響監督:木村絵理子▽企画・製作:サンライズ

 ベルリ・ゼナム:石井マーク▽アイーダ・レイハントン:嶋村侑▽ノレド・ナグ:寿美菜子▽クリム・ニック:逢坂良太▽ルイン・リー:佐藤拓也▽マニィ・アンバサダ:高垣彩陽▽ラライヤ・マンディ:福井裕佳梨

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る