MANTANWEB(まんたんウェブ)

妖怪ウォッチ2:4日間で128万本 初週販売本数は25倍に激増

ゲーム
4日間で128万本を売り上げたゲーム「妖怪ウォッチ2 元祖」(左)と「妖怪ウォッチ2 本家」

 10日に発売された「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」(レベルファイブ)の販売本数が、発売から4日間で約128万本だったことが15日、「ファミ通」を発行するKADOKAWAの調べで明らかになった。発売4日間の販売本数が約5万2000本だった前作「妖怪ウォッチ」と比べると、約25倍にまでふくれあがっており、ブレークを裏付けた格好だ。

 「妖怪ウォッチ」シリーズは、「イナズマイレブン」や「レイトン教授」シリーズなどを手がけたレベルファイブ(福岡市中央区)のニンテンドー3DS用ゲーム。不思議な時計を手に入れた少年が、日常に潜む妖怪と仲間になって、さまざまな問題を解決していく……という内容。マンガの連載やテレビアニメの放送で大ブレークした。

 昨年7月に発売された前作は、約1年かけて累計約118万本を販売しており、「2」はわずか4日間で、前作の累計販売本数を上回ったことになる。(集計はいずれもパッケージ版のみ) 

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る