まじっく快斗:10月にテレビアニメ化 「コナン」の前枠で放送

「まじっく快斗」のカット=小学館提供
1 / 1
「まじっく快斗」のカット=小学館提供

 人気マンガ「名探偵コナン」で知られる青山剛昌さんの「まじっく快斗」が10月からテレビアニメ化されることが30日、明らかになった。放送局は読売テレビ・日本テレビ系で、毎週土曜午後6時から放送されている「名探偵コナン」の前の時間帯、午後5時半から放送される。

 「まじっく快斗」は、マジック好きの高校生・黒羽快斗が天才マジシャンで世紀の怪盗でもあった父の死の謎を探るべく、怪盗キッドとなり活躍する姿を描く。青山さんの初連載作で、1987年に「週刊少年サンデー増刊号」(小学館)で連載がスタートし、不定期連載されており、怪盗キッドは、「名探偵コナン」にもコナンのライバルとして登場するなど、青山さんの思い入れの深いキャラクターだ。

 制作は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や「宇宙兄弟」などを手がけた「A‐1 Pictures」が担当する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る