MANTANWEB(まんたんウェブ)

全日本国民的美少女コンテスト:グランプリの高橋ひかるさん「憧れは剛力彩芽」

芸能
全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した滋賀県出身の中学1年生、高橋ひかるさん

 14回目となる「全日本国民的美少女コンテスト」の本選大会が5日、東京都内で行われ、滋賀県出身の中学1年生、高橋ひかる(たかはし・ひかる)さん(12)がグランプリに輝いた。授賞式後に行われた会見で高橋さんは「子供の頃から芸能界に憧れていた」といい、「将来の目標は、剛力彩芽さんのような女優さんになることです」と目を輝かせた。

 挑戦したい役柄を聞かれると、高橋さんは「いじわるな役。楽しそう……」とはにかみながらコメント。意外な答えに驚いた記者が、高橋さんが歌唱審査で沢尻エリカさんの「タイヨウのうた」を披露したことを引き合いに「いじわるな役と沢尻さんは関係ある?」と冗談っぽく聞くと、「ありません」と真顔で答える場面もあった。

 高橋さんは、中学ではバスケットボール部に所属。「小5から習っている」というダンスを特技に挙げ、報道陣から同じくダンスが得意な「剛力さんとダンスしたい?」と聞かれると、「一緒に踊りたいです!」と満面の笑みで答えた。また、趣味は「食べ歩き」だといい、「食べ歩きロケもしてみたい。食べたいのはお肉です」と声を弾ませていた。

 「全日本国民的美少女コンテスト」は、1987年に後藤久美子さんをイメージキャラクターに第1回を開催し、多数の女優やモデルを輩出してきた。今回は、12~20歳の女性を対象に2月から募集を開始し、8万1031人の応募者の中から書類審査、面接審査などの予選を通過した21人が本選大会に出場。本選大会では、ウオーキング審査や音楽審査、演技審査などの最終審査が行われた。審査員は、前田美波里さん、陣内孝則さん、菊川怜さん、佐藤藍子さん、ヨンアさんらが務め、司会は政井マヤさんとテレビ朝日の清水俊輔アナウンサーが担当。また、同コンテスト出身の米倉涼子さん、上戸彩さん、武井咲さん、剛力さんによるトークショーと、ガールズユニット「X21」によるライブステージも行われた。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る