ジャングルポケット・斉藤:24万円で男前に 高須院長がプチ整形提案

1 / 16

 お笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二さんと武山浩三さんが2日、東京都内で行われた映画「アイ・フランケンシュタイン」のイベントに登場。整形していることを告白している武山さんは、ゲストとして登場した高須クリニックの高須克弥院長と対面し、「僕からしたら神様なのでお会いするのが楽しみでした!」と大興奮。記者から「整形トリオになれば?」というむちゃな提案に、斉藤さんが「間違いなく売れるでしょうね……」と考え込むと、高須院長は「プチ整形でも、整形の端くれには入れますよ!」と猛プッシュした。

 映画は、伝説のモンスター・フランケンシュタインのその後を新解釈で描いたアクション大作。この日のイベントは人間の再生を目指して作られた人造人間・フランケンシュタインにちなみ、「よしもとブサイク芸人改造プロジェクト」と題して、高須院長が芸人を題材に“美を作り上げる”という内容。武山さんと「よしもと男前ブサイクランキング2014」2位の斉藤さん、3位のお笑いコンビ「トンファー」の山西章博さんの3人の写真を、高須院長が“イケメン”に改造補正して、その詳細を解説した。

 斉藤さんは「(ブサイクランキングの)イメージが付いているだけで、ブサイクじゃない」と主張していたが、約24万円という“プチ整形”をした自分の写真に「ちょっとかっこいいですね」と喜んだ。一方、武山さんは、ジャニーズ風になった自分の写真を見て「この顔ゲットできれば人生変わりますよ」と興奮したが、総額約800万円の手術になると明かされると「僕ブサイクランキングに入っていないのに、800万だと立場がないんですけれど……」と苦笑いしていた。映画は6日に全国公開。

写真を見る全 16 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る