注目アニメ紹介:「ログ・ホライズン」第2シーズン アイドルの新キャラやド派手な戦闘も

「ログ・ホライズン」のメーンビジュアル(C)橙乃ままれ・KADOKAWA/NHK・NEP
1 / 8
「ログ・ホライズン」のメーンビジュアル(C)橙乃ままれ・KADOKAWA/NHK・NEP

 橙乃ままれさんのファンタジー小説が原作のアニメ「ログ・ホライズン」の第2シリーズが4日、NHK・Eテレでスタートする。“自称銀河系アイドル”のてとらなどの新キャラクターが登場するほか、大規模な戦闘シーンが描かれる。

 「ログ・ホライズン」は、「まおゆう魔王勇者」などで人気の橙乃さんによるファンタジー小説が原作で、オンラインゲーム「エルダー・テイル」の世界に閉じ込められてしまった主人公・シロエらがサバイバルを繰り広げる……というストーリー。第1シリーズは2013年10月~14年3月に放送された。

 第2シリーズは、シロエらがエルダー・テイルの世界に閉じ込められてから半年後が舞台となる。混乱していたアキバの街は、自治組織・円卓会議の結成によって活気と平和を取り戻し、ゲームの世界の住人・大地人とも信頼が深まっていた。そんな中、アキバの街、西の都、北の大地、遠い異国の冒険者たちの思惑がぶつかることになり、24人で挑む大規模な戦闘シーンもあるという。

 第1シリーズに続き、「うたの☆プリンスさまっ♪」などの寺島拓篤さんがシロエの声を担当するほか、新キャラクターのてとらの声には「甘城ブリリアントパーク」(TBSで7日から放送)などの藤井ゆきよさんを起用。「幕末Rock」などのスタジオディーンが制作する。NHK・Eテレで4日から毎週土曜午後5時半放送。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事