ドラゴンネスト:九州発アイドルと宮城ご当地ヒーローが“最終決戦”に向け火花

1 / 17

 福岡市を拠点に活動する女性アイドルグループ「LinQ(リンク)」の伊藤麻希さんと宮城のご当地ヒーロー「未知ノ国守(みちのくにのかみ)ダッチャー」が13日、毎日新聞デジタル「まんたんウェブ」編集部を訪れた。2人はそれぞれご当地アイドル代表とご当地ヒーロー代表として、オンラインゲーム「ドラゴンネスト」の世界大会「Dragon Nest World Championship(DWC) 2014」での日本代表スペシャルサポーターへの就任を目指して「頂上決戦」に参戦中で、20日に同ゲーム上で行われる“最終決戦”に向け、伊藤さんは「これまで応援してくれた人、ゲームで技を教えてくれた人に勝って恩返ししたい」と語ると、ダッチャーは「とにかく全力でゲームを楽しむだけだっちゃ」と少ない言葉の中に決意をにじませた。

 「ドラゴンネスト」は、NHN PlayArtが運営するゲームポータル「ハンゲーム」のオンラインアクションRPG。近距離攻撃に優れた「ウォーリアー」やさまざまな魔法を使いこなす「ソーサレス」など七つの職業からキャラクターを選び、ほかのプレーヤーと協力しながら冒険の旅に出るという内容。DWCは世界各国の予選を勝ち抜いたプレーヤーが激突するドラゴンネストの世界大会で、12月3~5日にインドネシア・バリ島で開催される。

 同大会を盛り上げるため、日本代表のスペシャルサポーターの座をかけた「スペシャルサポーター日本代表決定選手権」が10月2日にスタート。ご当地アイドル10人とご当地ヒーロー5人が参戦した前哨戦を経て現在、ご当地アイドル代表に選出された伊藤さんとご当地ヒーロー代表に選出されたダッチャーの間で「頂上決戦」が開催中。キャラクターレベルや応援コメント数などで競うほか、20日にはゲームで直接対決する。対決の模様は動画配信サービス「ニコニコ生放送」のゲーム実況番組「HangameLive」で配信される。

 ゲーム好きという伊藤さんは「ドラゴンネスト」の魅力を「技がたくさんあっって、爽快感や達成感、たくさんの“感”が詰まっているし、アニメも好きなので声優さんが豪華なのもうれしい」と独自の視点で表現。ここまでの戦いを「なんだかんだ長かった。最初はあまりゲームは関係なくて、いかに応援や(他のプレーヤーの)支持を集めるかが重要だったし、自分は世間知らずなところとか、良くも悪くも目立つタイプなので、逆にそこが良かった」と振り返ると、「ここから先はちゃんとやらないとダメ。とにかく練習あるのみです」ともコメントした。

 一方、ダッチャーはライバルの伊藤さんを「本当によく目立つタイプ」と分析し「ゲーム内では、まだ絡んだことないですが、戦いは戦いなので、手を抜くつもりはない」と力を込めた。

写真を見る全 17 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る