ももクロ:劇場版ドラゴンボールで声優に 地獄の天使役

1 / 17

 人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)が人気アニメ「ドラゴンボールZ」の劇場版新作「ドラゴンボールZ 復活の『F』」(4月18日公開)にゲスト声優として出演することが3日、明らかになった。5人はフリーザが捕らわれている地獄の天使役で出演するといい、この日、東京都内で行われた会見に登場したリーダーの百田夏菜子さんは「頑張らねばという気持ち」と意気込んだ。

 この日の会見には孫悟空役の声優の野沢雅子さんも登場し、メンバーに「天使だから自分が天使になったつもりで、やるといいわよ」とアドバイスを送った。百田さんは「普段から天使をやっているので……」とジョークを飛ばしつつも「本当に野沢さんにそう言っていただけてありがたい。元気で私たちらしく、変に気張らずやりたい」と語った。

 「ドラゴンボール」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1984~95年に連載された人気作。コミックスは24カ国で翻訳され、発行部数は世界で2億3000万部以上を誇っている。アニメは、86年にフジテレビ系でスタートし、89~96年に「ドラゴンボールZ」、96~97年に「ドラゴンボールGT」が放送された。劇場版はこれまで18作が公開されており、19作目となる今回の「ドラゴンボールZ 復活の『F』」は、主人公・孫悟空と死闘を繰り広げたフリーザが登場することも話題になっている。

写真を見る全 17 枚

アニメ 最新記事