吉田鋼太郎:セクシーな魅力は「いろんな女の人と付き合ってきたから」

NHK名古屋放送局で行われた主演ドラマ「鬼と呼ばれた男~松永安左エ門」の会見に出席した吉田鋼太郎さん
1 / 1
NHK名古屋放送局で行われた主演ドラマ「鬼と呼ばれた男~松永安左エ門」の会見に出席した吉田鋼太郎さん

 俳優の吉田鋼太郎さん(56)が20日、NHK名古屋放送局(名古屋市東区)で行われた主演ドラマ「鬼と呼ばれた男~松永安左エ門」(同局制作)の会見に共演者らと出席。戦前、民営の電力会社を率いて「電力王」と呼ばれた松永安左エ門を演じる吉田さんの起用理由に、演技力とセクシーさ、チャーミングさが挙げられると、吉田さんは「僕自身はセクシーともチャーミングとも思っていないです」と照れ笑いし、「いろんな女の人と付き合ってきたからじゃないですかね。自然にそうなるんじゃないかな。いつももてたいと思っていますので……」と話した。

ウナギノボリ

 番組の青木信也チーフ・プロデューサーは吉田さんの起用理由を「安左エ門はセクシーでチャーミングで女性にもてた。芸能界でさりげなくセクシーさとチャーミングさがにじみ出ている人はほかにいない。また、パワフルな演技力に、安左エ門と通じるものがある」と絶賛。吉田さんが「いやいや……」と恐縮する一幕もあった。

 また安左エ門の妻の一子役で出演する伊藤蘭さんは、吉田さんの魅力を聞かれると「俳優さんとして色気のある方だと思って見ています。男性としてもきっとそうなんでしょうね」とほほ笑み、「まだお会いしたばかりで、これからじっくりいろんな角度から見てみたいです」と笑顔を見せた。

 この日、吉田さんは安左エ門の74歳の特殊メーク姿で、安左エ門の秘書の中村博吉役の萩原聖人さん(43)も出席した。

 ドラマは、NHKがラジオ放送開始から90年を記念して、日本を“創った”3人の経済人を取り上げる全5回のスペシャルドラマ「経世済民(けいせいさいみん)の男」の5回目に放送される。撮影は名古屋市役所(名古屋市中区)、愛知県庁(同)、旧岐阜県庁(岐阜市司町)、六華苑(三重県桑名市)などで行われ、5月末にクランクアップの予定。放送は総合テレビで9月19日午後9時から。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画