MD松尾のヒット解析:「スプラトゥーン」大人気で品薄

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 大ヒットの「スプラトゥーン」(WiiU、任天堂)は今でも品薄状態が続いています。WiiUで強いファミリー層だけでなく、コアゲーマーも取り込むなどユーザー層が幅広く、それが本体のけん引にもつながっています。新作の「ステラ グロウ」(3DS、セガゲームス)もまずまずの好スタートを切っています。

 ◇今週の動き

 「ドラゴンボールZ超究極武闘伝」(3DS、バンダイナムコエンターテインメント)がトップか。2月に発売された「ドラゴンボール ゼノバース」、春に公開された新作劇場版アニメなど大いに盛り上がっており、今回はキッズの支持を集めそう。2位と予想しているのは「リズム天国 ザ・ベスト+」(3DS、任天堂)。テレビCMも積極的に投下されており、こちらも期待しています。3位には「スプラトゥーン」が入るでしょう。

 ◇ランキングは次の通り。(1~7日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 スプラトゥーン(WiiU)

2位 ステラ グロウ(3DS)

3位 不思議のダンジョン 風来のシレン5 plus(Vita)

4位 ウィッチャー3 ワイルドハント(PS4)

5位 マインクラフト(Vita)

6位 夏色ハイスクル★青春白書(PS3)

7位 夏色ハイスクル★青春白書(PS4)

8位 初音ミクProject mirai でらっくす(3DS)

9位 パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション(3DS)

10位 新・ロロナのアトリエ はじまりの物語(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る