MD松尾のヒット解析:「スプラトゥーン」が全国的に品薄

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「スプラトゥーン」(WiiU、任天堂)がすさまじい売れ行き。高い需要に対して供給がまったく追いついておらず、全国的に品薄になっているようで、久しぶりにソフトを探してショップを探し回った人も多かったのでは。初動の手応えとしては人気の「大乱闘スマッシュブラザーズ」に迫るほどの勢いでした。

 ヒットの要因としては、みんなでわいわい楽しめるパーティーゲームであることに加え、いいタイミングでテレビCMを大量投下したことも大きかったでしょう。さらに発売前の体験イベントも積極的に実施しており、お客さんに内容が伝わったのもよかったですね。WiiU本体の売り上げにも貢献しており、前週の3倍近い売り上げを記録しました。

 ◇今週の動き

 「スプラトゥーン」のV2は確実ですね。まだまだ売れてくれるはず。2位には新作のシミュレーションRPG「ステラ グロウ」(3DS)が入るか。3位にはZ指定タイトルの「ウィッチャー3 ワイルドハント」(PS4・PS3、スパイク・チュンソフト)のPS4版が残りそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(5月25~31日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 スプラトゥーン(WiiU)

2位 初音ミクProject mirai でらっくす(3DS)

3位 ウィッチャー3 ワイルドハント(PS4)

4位 マインクラフト(Vita)

5位 パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション(3DS)

6位 クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)tr.(Vita)

7位 暗殺教室 殺せんせー大包囲網!!(3DS)

8位 信長の野望・創造 with パワーアップキット(Vita)

9位 ダウンタウン熱血時代劇(3DS)

10位 ガールズモード3 キラキラコーデ(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る