テレビ試写室:「情熱大陸 渡辺麻友」 正統派アイドルが見せる意識の高さとそれ故の限界

テレビ
「情熱大陸 渡辺麻友」のワンシーン=MBS提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、人気アイドルグループ「AKB48」の渡辺麻友さんに密着したドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS・TBS系)だ。14日午後11時から放送される。

 番組は、今月6日に福岡市の「ヤフオク!ドーム」で行われた「AKB48第7回選抜総選挙」に至るまでの40日間、グループでの活動に加え、ソロシングルの制作や音楽番組への出演、主演ドラマの撮影と、多忙な日々を送る渡辺さんに密着。長時間に及ぶ握手会やボイストレーニングの様子、グラビアやドラマの撮影現場、大好きな焼き肉やショッピングを楽しむ姿といったわずかなプライベートタイムにもカメラは向けられた。

 目につくのは、「必要とされるからこそアイドルは輝くと思う」など渡辺さんが随所で語るアイドル論と、ドラマ台本に真剣に目を通しながらもカメラがいま自分のどの部分をとらえているのかを感知してしまう、アイドルとしての意識の高さや隙(すき)のなさだ。逆にこのアイドル然とした部分が“足かせ”にもなっているという現状への自覚、グループからの卒業を含む今後に向けた思いや決意が語られているのも見逃せない。

 メーク中に居眠りしてしまう場面やスケジュールの合間を使って点滴を打つ場面も盛り込まれ、連覇をかけて臨んだ選抜総選挙までの日々が、体力的にも精神的にもいかに厳しいものだったのかが分かる。そして迎えた選抜総選挙当日、舞台に上がる直前「怖い……」とひと言もらした渡辺さんが、翌朝カメラの前ではとてもすっきりとした表情を見せながら、淡々とアイドルやAKB48への思いを改めて語る場面も印象に残った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る