MD松尾のヒット解析:「リズム天国」絶好調 「ファイアーエムブレム」過去最高の売れ行きに

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「リズム天国 ザ・ベスト+(プラス)」(3DS、任天堂)が引き続き絶好調ですね。前週よりオールターゲットになってきた印象で、特にゲーマー層にまで伸びているのは驚き。こういう売れ方をするタイトルは長く売れていく傾向にあるので、期待したいところ。「ポポロクロイス牧場物語」(3DS、マーベラス)は期待通りの売れ行き。人気シリーズ同士のコラボタイトルになりますが、ユーザー層を見ると往年のポポロファンが強いようですね。ボーナス時期ということで、「デビル メイ クライ 4 スペシャルエディション」(PS4、カプコン)をきっかけにPS4にエントリーしたユーザーも目立ちました。

 ◇今週の動き

 「ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国」(3DS、任天堂)が断トツでしょう。予約状況から判断するとシリーズ過去最高の売れ行きが期待できるタイトルで大いに盛り上がりそう。予約は初心者向けの「白夜王国」が先行していますが、これは先に白夜王国を遊んで、暗夜王国はダウンロードで購入という流れと見ています。

 また、決算期ということで「ファイアーエムブレム」以外にもビッグタイトルが数多く発売されます。特に3位と予想している「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」(Vita、アトラス)はVita久々の大作ということで期待しています。「ファイナルファンタジー14 蒼天のイシュガルド」(PS4、PS3、スクウェア・エニックス)はPS4版が優勢。もちろん「リズム天国 ザ・ベスト+」も上位をキープしそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(15~21日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 リズム天国 ザ・ベスト+(3DS)

2位 ポポロクロイス牧場物語(3DS)

3位 デビル メイ クライ 4 スペシャルエディション(PS4)

4位 スプラトゥーン(WiiU)

5位 ドラゴンボールZ 超究極武闘伝(3DS)

6位 マインクラフト(Vita)

7位 ウィッチャー3 ワイルドハント(PS4)

8位 英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution(Vita)

9位 パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション(3DS)

10位 ステラ グロウ(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る