おそ松さん:六つ子の普段着公開 青い三つボタンからパーカーに

「おそ松さん」の六つ子の普段着のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
1 / 2
「おそ松さん」の六つ子の普段着のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化する「おそ松さん」の六つ子の普段着のビジュアルが16日、公開された。「おそ松くん」では、青い三つボタンの服が六つ子の服装の定番だったが、「おそ松さん」の普段着は、全員が“松”マークのプルオーバーパーカーを着用。格好つけなカラ松は袖をまくってワイルドに、しっかり者のチョロ松は中にシャツを重ねて少しカッチリ、世渡り上手なトド松はニット帽を合わせて“今時感”を出すなど、それぞれが着こなしで個性を出している。

 「おそ松くん」は、1962年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は1000万部以上を誇る人気作。松野家のおそ松ら六つ子が巻き起こすドタバタを描いたギャグマンガで、イヤミの「シェー」と叫ぶギャグが流行語になったほか、チビ太、デカパン、トト子などのキャラクターも人気を集めた。

 「おそ松さん」は、赤塚さんの生誕80周年を記念した作品で、おそ松らが成長して大人になった姿が描かれる。同作がアニメ化されるのは3度目で、約27年ぶり。今秋から放送予定。

 十四松役の声優の小野大輔さんは、アフレコの様子を「とにかく笑いあふれる現場です。いまや毎週のこの時間を楽しみに、1週間頑張っている感覚すらあります!」と話し、「演じる自分たちがこれだけ楽しく、元気をもらっているわけですから、視聴者の皆さまも必ずや明るくポジティブな気持ちになれるはずです! とにかく何にも考えず、頭を空っぽにしてゲラゲラワッハッハしていただければこれ幸いです!」とコメントを寄せている。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る