MANTANWEB(まんたんウェブ)

ルービックキューブ:16歳の世界最速記録保持者が来日 超スピードの“技”披露

芸能 グッズ
「ルービックキューブデー2015」のイベントに登場した(左から)中島悠さん、コリン・バーンズさん、大村周平さん

 立体パズル「ルービックキューブ」の世界最速記録(10日現在)を持つ米国在住の16歳、コリン・バーンズさんが29日、東京都内で開催中の「ルービックキューブデー2015」のイベントに登場した。同パズルの2007年の世界大会チャンピオンの中島悠さん、09年の4×4×4部門チャンピオンの大村周平さんとのデモンストレーションマッチで、その腕前を披露し、会場に集まった観客を喜ばせた。

 「ルービックキューブ」は、ハンガリーの芸術アカデミーのエルノー・ルービック教授が発明した6色の正方形の立体パズルで、26個のサブキューブを上下左右に自由に回転させて楽しむ。日本では、ツクダオリジナル(現メガハウス)が1980年から発売開始し、初年度販売実績が8カ月で約400万個という大ブームとなった。ルービックキューブの大会は、世界キューブ協会による規定に基づき、速さを競う、片手で回すなど、さまざまな内容で実施されている。バーンズさんは、今年4月25日に米国で開催された大会で5.25秒という驚異的な速さで世界記録を作った。イベントは、同パズルの日本国内発売35周年を記念して開催され、バーンズさんらは、公式試合形式の対戦、片手だけでキューブをそろえる対戦のほか、同パズルの進化形「ルービック ミラーブロックス」などで対戦した。

 今年の夏に、神戸で6週間ホームステイをしたというバーンズさんは「よろしくお願いします。コリン・バーンズです。アメリカから来ました。今日は楽しみにしてます。ありがとうございます」と流ちょうな日本語であいさつ。公式試合のルールで行った5回戦の対戦では、3人の中でただ1人、10秒を切るスピードを4回出してキューブをそろえて1位となり、「(調子は)ぼちぼちです」と笑顔。片手でキューブをそろえる対戦では、中島さんが22.40秒、大村さんが26.69秒と苦戦する中、バーンズさんは10.52秒でキューブをそろえて、会場を沸かせた。

 中島さんはイベントについて「今日はコリン君の世界の技を見る貴重な機会」といい、大村さんも「熱い気持ちをもらいました。現役選手は10代が多いので、みなさんも2、3年後世界を目指せるかも。やってみてほしい」と会場の子供たちにエールを送った。バーンズさんは「2人と対戦できて光栄」といい、速さのコツは「練習を続けることが一番の近道。まず始めてみること、忍耐強く続けること、楽しむことが一番大事」と、アドバイスを送った。「ルービックキューブデー2015」では、デモンストレーションのほか、トップ選手の教室、タイム計測会などを開催。同会場で30日まで。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る