MANTANWEB(まんたんウェブ)

メカノイド:声で操作できる組み立て式ロボ玩具が登場

アニメ
クリスマスおもちゃ見本市2015でお披露目された組み立て式ロボット玩具「MECCANOID」

 音声で操作できる組み立て式ロボット玩具「MECCANOID」(メカノイド)が11月7日にタカラトミーから発売されることが2日、明らかになった。「一緒に歩いて」と話しかけると、手を引いて一緒に歩けたり、モーションキャプチャーによって人間の動きをまねしたりできる。全高約122センチのG15KSが5万円、約61センチのG15が3万円(ともに税抜き)。


 メカノイドは、カナダのスピンマスターが2015年から英国を皮切りに発売を開始した玩具で、日本ではタカラトミーが販売する。手や首が動き、足には車輪が付いている。「一緒に歩いて」など34種類の音声コマンドを認識し、約900種類の音声フレーズと動作を組み合わせて反応する。スマートフォンの専用アプリを使ってコントロールできるほか、口笛を吹いたり、「日本には世界中のロボットの約半分があるんだって」「電気羊が1匹、電気羊が2匹……」などと独り言を言う機能も用意されている。

 パーツはG15KSが約1200種類、G15が約620種類で、付属の六角レンチドライバーで組み立てる。組み立て時間はG15が3~4時間、G15KSが5~6時間程度。販売目標は年間で約3万個。タカラトミーの担当者は「ロボットを組み立てて、物を作る楽しみを体験してほしい」と話している。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る