ドカベン:山田太郎と水原勇気の“夢の対決”が実現 「野球狂の詩」が10年ぶり復活

アニメ マンガ
ドカベン・山田太郎と「野球狂の詩」の水原勇気が表紙を飾った「週刊少年チャンピオン」47号の表紙

 水島新司さんの野球マンガ「ドカベン」シリーズの主人公・山田太郎と「野球狂の詩」の女性プロ野球投手・水原勇気の“夢の対決”が、22日発売のマンガ誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)47号の「ドカベン ドリームトーナメント編」で実現した。また、同号では「野球狂の詩」が、新作読み切り「野球狂の詩・特別編」として約10年ぶりに復活した。

 「野球狂の詩」は、70年代に「週刊少年マガジン」(講談社)などに掲載された人気野球マンガ。プロ野球セ・リーグの架空の球団・東京メッツに所属する50歳を超えた投手・岩田鉄五郎やプロ野球で初の女性選手・水原勇気ら個性的な野球選手の活躍が描かれた。「野球狂の詩 平成編」「新・野球狂の詩」などの続編もあるほか、テレビアニメ、実写映画、テレビドラマ化もされた。2005~06年には「ドカベン」と「野球狂の詩」のキャラクターが対戦するコラボ企画が、出版社の枠を超えて「週刊少年チャンピオン」と「モーニング」(講談社)で連載された。

 今回、夢の対戦が実現した「ドカベン ドリームトーナメント編」は、「ドカベン」の最終章で、12年からチャンピオンで連載中。プロ野球16チームが阪神甲子園球場で一発勝負のトーナメント形式で激突する……というストーリー。現在、山田太郎ら明訓四天王が所属する東京スーパースターズと広島東洋カープが準決勝で対戦しており、水原勇気は広島の投手としてマウンドに上がった。

 また復活した「野球狂の詩・特別編」では、水原勇気のトレードマークであるアンダースローの誕生秘話が描かれている。また、水原勇気のプロフィルや魔球・ドリームボールなどを紹介する「選手名鑑特別版・水原勇気」やこれまでの入浴シーンなども掲載されている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る