中谷美紀:左脚あらわなベアトップドレスで魅了

映画「FOUJITA」(小栗康平監督)の舞台あいさつにセクシーなドレス姿で登場した中谷美紀さん
1 / 10
映画「FOUJITA」(小栗康平監督)の舞台あいさつにセクシーなドレス姿で登場した中谷美紀さん

 女優の中谷美紀さんが26日、東京都内で開催中のアジア最大級の映画祭「第28回東京国際映画祭」(TIFF)のコンペティション部門に出品されている映画「FOUJITA」(小栗康平監督)の舞台あいさつに出席した。左脚をひざ上まで露出したアシンメトリーなデザインの黒いベアトップドレスに、アクセサリーはブレスレットのみというシンプルな装いで、フェスティバルにふさわしい華やかさを添え、観客を魅了した。

 中谷さんと一緒に舞台あいさつに登場した主演のオダギリジョーさんは、黒のジャケットに白のスカートというモノトーンのシックな衣装で登場。中谷さんは映画について「寸分の隙(すき)もない、絵画の連続のような美しい映画が出来上がりました」と表現し、「とてもセクシーなオダギリジョーさんの一面もご覧にいれることになると思います」とアピールした。舞台あいさつには小栗監督、クローディー・オサールプロデューサー、井上和子プロデューサーも出席した。

 「FOUJITA」はパリが愛した日本人画家・藤田嗣治の知られざる半生を、「泥の河」「死の棘」「眠る男」の小栗監督が日仏合作で描く作品。フジタ役をオダギリジョーさん、妻の君代を中谷美紀さんが演じている。11月14日に公開される。

 東京国際映画祭は1985年にスタートし今年で28回目を迎えるアジア最大級の映画祭。今年は22~31日に六本木ヒルズや新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿などの会場で開催。オープニング作品はロバート・ゼメキス監督の最新作「ザ・ウォーク」で、クロージング作品は佐藤浩市さん主演の「起終点駅 ターミナル」(篠原哲雄監督)。グランプリなどを選出するコンペティション部門には16作品が選ばれており、日本映画は竹内結子さん主演の「残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-」(中村義洋監督)や「FOUJITA」(小栗監督)などが出品されている。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る