MANTANWEB(まんたんウェブ)

マンガ質問状:「群青にサイレン」 「いちご100%」作者が「桃栗みかん」名義で執筆 「嫉妬心を描きたい」

マンガ
「群青にサイレン」コミックス1巻の表紙

 話題のマンガの魅力を担当編集が語る「マンガ質問状」。今回は、「いちご100%」の作者・河下水希さんが「桃栗みかん」名義で描く「群青にサイレン」です。集英社「YOU編集部」の藤川雅章さんに作品の魅力を聞きました。

--この作品の魅力は?

 この作品は、高校野球が舞台です。小学校時代に因縁浅からぬ修二と空のイトコ二人が、高校で再会して、ともに野球部に入る。「さわやかな」高校野球マンガなら、ライバルとして仲間として、二人がどんな選手になっていくのか……というところが注目になるところですが、主人公・修二は、イトコの空に嫉妬しまくり、ピッチャーをやりたいけど試合ではまったくストライクが入らない(これには理由があるのですが…)という、超がつくヘタレなんです。それでも、「なりたい自分を目指す」という、けなげな(?)修二の成長ぶりに、ぜひ注目していただきたいです。もちろん、同級生から先輩まで、さまざまなタイプの美形男子たちの、学ラン姿やユニフォーム姿も必見です!!

--作品が生まれたきっかけは?

 まず最初に、「嫉妬心」を描きたいという桃栗先生のイメージがありました。嫉妬という感情を自分の中でどうにかする時に、「相手との距離をとる」ことと「相手のことを悪く言う」という二つの大きなパターンがあると思うのですが、そのどちらもできないようにすることで、その気持ちに正面から向き合う、生々しい感情が描けるのではないか。そう考えて、「すごく嫌いな人と一緒に何かをする」という状況を作りました。

 その生々しい感情と、さわやかなイメージの高校野球のギャップも面白いところですし、その中でも、バッテリーというのは、自分がイヤだというだけでは絶対に離れられないものなので、このテーマにピッタリだな、と。

 --主人公が左利きの捕手に推挙される予想外の展開になっています。この設定 を思いついたきっかけは?

 桃栗先生は、左利きのキャッチャーがいることは元々知っていました。そして左利きのキャッチャーが、右利きのキャッチャーに比べてすごく苦労が多いということも、周りにいる野球部出身の人から聞いて、知っていました。

 「嫉妬心」を抱えている主人公に、さらなる苦労をしてもらえそうということで、修二には左利きのキャッチャーに、挑戦してもらうことになりました(笑い)。ともに左利きのバッテリーというのも、ドラマチックな想像をかき立てることができますし。

--編集者として作品を担当して、今だから笑えるけれど当時は大変だった……、 もしくはクスッとしたナイショのエピソードを教えてください。

 苦労ということではないのですが、野球のシーンを描くにあたっては、気をつけなければいけないことがたくさんありますよね。「ランナー一塁から送りバント」というシーンを描くにも、打球の転がる方向によって、守備の選手の位置・審判の位置などは変わってくるので、資料写真や映像なども確認しつつチェックしています。

 バッターが一塁に駆け込むシーンで、「惜しい!」と言っているのに意外と一塁ベースの手前を走っていたことがあり、描き直していただいたこともありました(笑い)。

--今後の展開は?

 監督からキャッチャーに指名され、大キライな空とバッテリーを組めと言われた修二。「ピッチャーをやりたい」という小さいころからの夢と、空への嫉妬心というやっかいなハードルを乗り越えて、本当のバッテリーとなることができるのか。そしてそれは、修二の中で何が変わることで可能になるのか。ヘタレな修二の暗中模索を、一緒に経験していただけたら、と思います。そして、唯一の女子キャラ=妹の亜子ちゃんの活躍にも、個人的には期待しています(笑い)。

--読者へ一言お願いします。

 高校野球を舞台にしていますが、この作品で描かれているのは、誰しも持っているような、生々しい感情の数々です。そして、そんな感情がもっとも色濃く出るのが、高校時代なんだと思います。そんな感情の渦中にいる修二たちの、悪戦苦闘と成長を、見守っていただけたらうれしいです! もちろん、監督含め個性的な野球部メンバーの会話ややり取りも、堪能していただければと。

 どうぞ、よろしくお願いいたします!!

集英社 YOU編集部 藤川雅章

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る