梶裕貴:同期・前野智昭と共演にしみじみ アニメ「不機嫌なモノノケ庵」

アニメ マンガ
「不機嫌なモノノケ庵」に出演する梶裕貴さん(左)と前野智昭さん

 7月にスタートするテレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵」の会見がこのほど、東京都内で行われ、声優の梶裕貴さんと前野智昭さんが登場した。アニメでメインキャラクターを演じる梶さんと前野さんは“同期”だといい、梶さんは「同期だけど、一緒になることが少なかった。最近は、同じ現場で一緒にがっつりお芝居できることがうれしい。下積み時代の悩みや経験を共有できている」としみじみと話し、前野さんは「10年以上の付き合いになります。頑張ってこれてよかった!」と共演を喜んだ。

 「不機嫌なモノノケ庵」は、ウェブマンガサイト「ガンガンONLINE」(スクウェア・エニックス)で連載中のワザワキリさんのマンガが原作。妖怪が見えるようになった高校生・芦屋花繪(あしや・はなえ)が、同級生の安倍晴齋(あべの・はるいつき)とともに、現世(うつしよ)で何かしらの悩みを抱え、隠世(かくりよ)へ旅立てない妖怪の悩みを解決する姿を描いている。梶さんが芦屋花繪、前野さんが安倍晴齋の声優を務める。アニメは「キングダム」などの岩永彰さんが監督、「四月は君の嘘」などの吉岡たかをさんがシリーズ構成を務め、「レーカン!」などのぴえろプラスが制作する。

 梶さんは自身が声優を務める芦屋花繪について「ピュアな子なので、フレッシュな気持ちで演じようと思います。リアクション、つっこみのリアリティーが大切。モノローグもあるので、心の中の言葉がテンポよく伝わるように意識しています」とコメント。

 アニメには各話にゲスト声優が出演するといい、前野さんは「憧れていた先輩もいらっしゃいます」、梶さんは「勉強になりますね。新人の方もいらっしゃるので、中間管理職みたい」と話していた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る