MANTANWEB(まんたんウェブ)

風間俊介:「遊☆戯☆王」は「僕の声優人生のすべて」 ライバル役・津田健次郎も

アニメ 映画 マンガ
劇場版アニメ「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」の完成披露試写会に登場した津田健次郎さん

 俳優の風間俊介さんが23日、東京都内で行われた人気マンガ「遊☆戯☆王」の劇場版アニメ「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」(桑原智監督)の初日舞台あいさつに登場。2000~04年にテレビ東京系で放送されたテレビアニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」で主人公の武藤遊戯を演じ、今回も同役を演じた風間さんは「声優経験がまったくない僕をゼロから育ててくれた作品」と話し「僕の声優人生のすべてだと思います」と笑顔を見せた。

 同作は、1996~2004年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された高橋和希さんの人気マンガが原作で、今年連載開始から20年。風間さんは「アニバーサリーイヤーとして、いろいろな企画をさせていただいた時に、初期のお芝居のシーンが流れるたびにゾッとしていました」と笑いを誘い、「耐え忍んで僕を使い続けてくれた」と当時を謙虚に振り返った。また「今回の映画に、今までの感謝の気持ちや『遊☆戯☆王』への作品の思いをすべて込めました。また武藤遊戯を演じたい」といい「連載開始から20年。『遊☆戯☆王』も成人式を迎えました。ここからだと思います」と話した。

 この日は、テレビ版で遊戯のライバル・海馬瀬人の声優を務め、今回、風間さんとの“コンビ復活”となった津田健次郎さんも出席。風間さんは、津田さんとの再会について「久しぶりっていう感じがしなかったですね」と明かし、津田さんが「(風間さんも)何も変わってない」と話すと、「僕は、当時16歳だったので学ランを着てアフレコをしていたのですが、服装が変わったぐらい」と笑顔を見せた。ゲスト声優を務めた林遣都さん、花澤香菜さん、桑原監督も出席した。

 「遊☆戯☆王」は、「千年パズル」を解いて闇の人格を手に入れ、闇のゲームの番人となった少年・遊戯の活躍を描いている。劇場版アニメは、もう一つの別人格「闇遊戯」との戦いを終えて日常を取り戻したかにみえた遊戯の前に、謎の少年・藍神が現れ、世界中で謎の失踪事件が次々と起こる……という完全オリジナルストーリー。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る