織田信成:伊達藩主役の羽生選手にライバル心 「殿様といえば僕!」

映画「殿、利息でござる!」のトークイベントに登場した織田信成さん
1 / 14
映画「殿、利息でござる!」のトークイベントに登場した織田信成さん

 プロフィギュアスケーターの織田信成さんが4日、東京都内で行われた映画「殿、利息でござる!」(中村義洋監督)のトークイベントに登場。タイトルにちなんで殿様風の袴姿で登場した織田さんは、「自分で言うのもなんですが、似合ってるんじゃないかと」とにんまり。劇中では、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が仙台藩の藩主・伊達重村役で出演しているが、自身、織田信長の子孫でもあることから「殿様といえば僕じゃないかと。なぜ僕にオファーが来なかったのか」と口をとがらせ、「続編があればぜひ!」とアピールした。

 「殿、利息でござる!」は、磯田道史さんの著書「無私の日本人」に収録されている実話「穀田屋十三郎」が原作。江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台で、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、阿部サダヲさん演じる十三郎ら庶民9人が藩に千両を貸し、毎年の利子を全庶民に配る「宿場救済計画」を立て……というストーリー。羽生選手は、羽織袴に身を包み、美しいまげを結った姿で重村として登場する。

 織田さんは「僕のブログのタイトルは『氷上のお殿様』。ファンの人たちからも“殿”という愛称で愛されてきた自負がある。(自分にオファーが来なかったことが)すごく悔しい」と恨み節で、「羽生くんにも、この映画に出るって知ってから会ったときに、『殿、俺じゃん?』って言った」と抗議したことを明かした。

 しかし一方で、完成した映画を見て、「なぜ羽生くんにオファーを出したのか分かりました」と語り、「いつの間にあんな演技力を身につけていたのか、正直こんなに上手なんだってびっくりした」と感心した様子。「凜としたたたずまいや、美しい言葉遣い。彼のスケートに通じるものがあった。頂点を極めた人は何でもできんねんなって思った」と脱帽していた。映画は14日公開。

写真を見る全 14 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る