池澤春菜:「SFマガジン」連載のエッセーが書籍に 父・池澤夏樹のコメントも

アニメ ブック
池澤春菜さんのエッセー「SFのSは、ステキのS」のカバー

 声優の池澤春菜さんがSFについてつづったエッセー「SFのSは、ステキのS」(早川書房)が24日に発売される。池澤さんとマンガ家のcocoさんが2010年から「SFマガジン」(同)で連載中のエッセー50回分に加え、38ページの用語解説を掲載。価格は1500円(税抜き)。

 池澤さんは「アニメの声や、歌や、テレビに出たりして糊口(ここう)をしのいでおりますが、その実態は一介のSF好き。でも、本当にただ好きなだけで、特に物語るべき深い内容も、ご披露できる知識もないから、と暗がりでこっそりSFを隠れ読む日々。そんな私がまさかSFの本丸、大伽藍(がらん)、万魔殿とも言うべきSFマガジンに文を寄せる日が来ようとは(噓つけ、無理やりページもぎ取っていったくせに、という声が早川書房の方から……/あ~あ~キコエナ~イ)」と話している。

 父で作家の池澤夏樹さんは「こんなふうに育てたつもりはないが、SF界の彼方にワープして去った娘の後ろ姿を電波望遠鏡で見る今日このごろ」とコメントを寄せている。

 池澤さんはギリシャ生まれの声優、歌手、エッセイスト。声優として「ケロロ軍曹」「とっとこハム太郎」「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」などに出演。日本SF作家クラブ会員。祖父は作家の福永武彦さん。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る