中川翔子:セーラームーンは「永遠最強スーパーヒロイン」 描き下ろしイラストでうさぎの誕生日祝福

「美少女戦士セーラームーン」のファンイベント「月野うさぎ&ちびうさバースデー記念イベント」で公開された中川翔子さんの祝福イラスト
1 / 11
「美少女戦士セーラームーン」のファンイベント「月野うさぎ&ちびうさバースデー記念イベント」で公開された中川翔子さんの祝福イラスト

 1990年代に一世を風靡(ふうび)した人気作「美少女戦士セーラームーン」のファンイベント「月野うさぎ&ちびうさバースデー記念イベント」が6月30日、講談社(東京都文京区)で開催され、セーラームーン好きのタレント・中川翔子さんやアイドルグループ「でんぱ組.inc」の相沢梨紗さん、タレントの佐藤かよさんからもイラスト付きの祝福メッセージが寄せられた。

 セーラームーンの大ファンとして知られる中川さんやは、この日のために描き下ろしたスーパーセーラームーンのイラストで「永遠最強スーパーヒロイン」と祝福。相沢さんも「セーラームーンが大好きで、ずっと愛と勇気をもらいました」、佐藤さんも「ずっと憧れで目標。これからもたくさんの人を幸せにしてください」と、イラストとともに祝福メッセージをつづった。

 イベントには、主人公・月野うさぎ役の声優・三石琴乃さんやちびうさ役の声優・福圓美里さんらが登場し、ファンクラブ会員400人とともに誕生日を祝福。中川さんらの祝福イラスト&メッセージが披露されると、三石さんは「うさぎちゃん自身はみんなに勇気を与えようということは全く考えていないけど、彼女の言動、生き方、行動やみんなを思う気持ちが結果的に見ている人にそういうふうに伝わっているのかなと思います」と笑顔で語っていた。

 「美少女戦士セーラームーン」は、1992~97年に少女マンガ誌「なかよし」(講談社)で連載された武内直子さんのマンガで、テレビアニメ化やミュージカル化もされ、人気を博した。2012年には20周年プロジェクトが発足し、当時子供だった視聴者をターゲットに“大人女子”向けグッズが多数販売されているほか、ファンクラブの発足なども行われ、20~30代女性を中心に人気が再燃中。リメイクしたアニメ「セーラームーンCrystal」も制作され、ニコニコ動画で配信されている。

 この日のイベントでは、三石さん、福圓さん、原作マンガの担当編集者・小佐野文雄さんも出席し、トークショーなどを実施。秋から上演されるミュージカル「美少女戦士セーラームーン -Amour Eternal-」の新セーラー5戦士も駆けつけ、初パフォーマンスを披露した。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る