戸田恵梨香:太ももあらわに武器振り回し… 「無限の住人」衝撃の劇中カット公開

映画「無限の住人」で天津影久役を務める福士蒼汰さん(上)と乙橘槇絵を演じる戸田恵梨香さんの劇中カット(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
1 / 3
映画「無限の住人」で天津影久役を務める福士蒼汰さん(上)と乙橘槇絵を演じる戸田恵梨香さんの劇中カット(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

 人気グループ「SMAP」の木村拓哉さんの主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)の劇中カットが15日、公開された。同作で女剣士・乙橘槇絵(おとのたちばな・まきえ)役を演じる戸田恵梨香さんが木村さん演じる主人公・万次と対決するシーンや、万次の前に立ちはだかる剣客集団の統主・天津影久(あのつ・かげひさ)を演じる福士蒼汰さんが鋭い眼光で短剣を手にする姿などがお披露目された。

 今作で本格アクションに初挑戦した戸田さんは、劇中カットでは、太ももまであらわになった大胆な着物姿で、長い武器を振り回す姿を披露しており、「アクションに対して無知だったのでその無知な私にいろんなコツややり方を木村さんがすごく丁寧に教えてくださって、本当に助けられながらやってこられました」と木村さんに感謝している。

 「無限の住人」は沙村広明さんが1993年12月~2012年9月に「月刊アフタヌーン」(講談社)で連載し、コミックス全30巻で累計発行部数750万部を突破した人気マンガ。08年にはテレビアニメ化もされた。謎の剣客集団・逸刀流に両親を殺された少女・凜(杉咲花さん)が敵討ちを決意し、伝説の人斬りで不死身の男・万次(木村さん)に用心棒を依頼。亡き妹に似ている凜を見て、万次はしぶしぶ依頼を受ける……というストーリー。

 凜の敵討ちの相手で、目的のためなら手段を選ばない天津を演じた福士さんは、初の悪役に「どう見られるかというのは僕自身も楽しみです。暴力的という言葉を強く意識して演じた」と役作りについて明かしている。

 映画は2017年4月29日から公開。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る