スナックワールド:劇場版アニメ化 「妖怪ウォッチ」と同時上映

アニメ「スナックワールド 人嫌いのレニー」 (C)L5/SWP・TX
1 / 3
アニメ「スナックワールド 人嫌いのレニー」 (C)L5/SWP・TX

 レベルファイブが制作中のゲーム「スナックワールド」が、短編の劇場版アニメ「スナックワールド 人嫌いのレニー」として、12月17日に公開される「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」と同時上映されることが明らかになった。3DCGアニメで、ゲームも手掛けるレベルファイブの日野晃博さんが総監督と原案、脚本を担当する。

 「スナックワールド」は、「イナズマイレブン」「ダンボール戦機」「妖怪ウォッチ」に続くレベルファイブのクロスメディアプロジェクト第4弾。少年チャップと少女マヨネ、太めの少年ペペロンの3人がワガママなお姫様のお願いを受ける形で冒険するというストーリーで、作中の武器や盾が小さくなり、キーホルダー程度の大きさになる「ジャラ」というアイテムが登場するのが特徴。スマートフォン向けゲームは2017年4月、ニンテンドー3DS版は2017年7月に登場する予定。またテレビアニメも17年4月からテレビ東京系で放送される。

 劇場版アニメ「スナックワールド 人嫌いのレニー」(9分間)は、主人公・チャップと人嫌いなドラゴン・レニーの友情が描かれる。監督はアニメ「パックワールド」の榊原幹典さん。チャップ役の声優は潘めぐみさん、レニー役は竹達彩奈さん、レニーの母・フラム役は折笠富美子さんがそれぞれ演じる。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る