MANTANWEB(まんたんウェブ)

橋本環奈:実写「銀魂」で“鼻ほじ”挑戦 「第一関節は過ぎていた」

アニメ マンガ
「連載完結寸前大銀魂展~ツケが回る前にケツを拭け~」のプレス向け内覧会に出席した女優の橋本環奈さん

 女優の橋本環奈さんが22日、秋葉原UDX(東京都千代田区)で行われた人気マンガ「銀魂」の展覧会「連載完結寸前大銀魂展~ツケが回る前にケツを拭け~」のプレス向け内覧会に出席した。2017年に公開される同アニメを実写化した映画で、橋本さんは吐いたり、鼻をほじるなど下品な行動をするヒロイン・神楽を演じ、「私も(劇中で)鼻をほじりました」と恥ずかしがりながら告白。「監督から指の第一関節まで入れるのがコツと言われて。第一関節は過ぎていたらしいです」と体当たりの演技に挑戦したことを明かした。

 今年一年について、「あっという間でした。すごく楽しかったです」と振り返り、「8月くらいから銀魂の実写版の撮影に入り、初めて髪を染めたり、人前で鼻をほじったり(した)」と明るく語った。また、演じる神楽について、「周りから似ているって言われました」と話し、「撮影していくうちにイントネーションがおかしくなって、普段は博多弁なのですが“エセ博多弁”みたいになっていました」と苦労も明かした。

 「連載完結寸前大銀魂展~ツケが回る前にケツを拭け~」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の空知英秋さんのマンガ「銀魂」の初の展覧会。180点以上の原画が展示されるほか、映像の上映、造形物が展示される。会期は23日~2017年1月9日。

 橋本さんは、同展覧会について、「お忍びで、また来たい」と目を輝かせながら、ファンが選んだ人気エピソードを日替わりで1話分原画で読める「1話まるごと日替わりエピソード」が見どころいい「私は『寝る子は育つ(12月29日展示)』がお気に入りです」と胸を躍らせていた。内覧会にはマンガ誌「週刊少年ジャンプ」の大西恒平副編集長も出席した。

 「銀魂」は、天人(あまんと)と呼ばれる異星人に占領された江戸時代を舞台に、何でも屋を営む侍・坂田銀時らが難題を解決する姿を描いたSF時代劇コメディー。実写映画は俳優の小栗旬さんが主演を務め、17年7月公開。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る