紅白リハ:嵐 初の大トリ 大野「ドッキリみたい」

テレビ
「第67回NHK紅白歌合戦」のロゴ

 人気グループ「嵐」が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われている「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル会場で会見。嵐は今年初の大トリを務めるが、松本潤さんは「相葉さんが司会をやることもサプライズだったけれど、自分たちが大トリという大役を任されることが驚き」といい、大野智さんは「ギリギリまで分からなかったし、まさか、ドッキリみたいな感じ」、二宮和也さんも「他人事みたい。ああ、そう、すごいねと思っちゃいました。いざ自分たちがやるとなると震えてしょうがない」と口々に語った。

 櫻井翔さんは「第60回のときに初めて紅白に出させていただいて、そのときすごいどきどきして驚きましたけど、そこから数年たって、(大トリを)やらせていただけるとは初めて出たときには想像もしていなかったので、ただただ驚いてます」と語った。一人で白組司会を務める相葉雅紀さんは「自分たちの歌が終わったらちょっとは楽になるかなと思っていて、早めに歌いたいなと心の中では思っていたけれど、大トリと聞いてまたびっくりしちゃって、びっくり続き。歌のことも頭にありながら進行のこともありながらなので、緊張感が倍です。(嵐の会見の少し前に司会陣の会見をやって)初めてです、1日2回(会見するのが)。(写真撮影の)フラッシュも2回目。慣れたんでずっと目を開けていた」と語った。

 これまでは5人で司会を担当していたが、今年は相葉さん一人で司会を務める。櫻井さんは「こんなこと言うのははばかられますが、ある程度のハプニングは期待していますよね。きっちりかっちりは正直求めてない。ミスを恐れずやってもらいたい。楽しい相葉君らしい司会を見たい」と期待を込めて語った。松本さんは「締めるところは締めると思う。経験があるので(紅組司会の)有村(架純)さんを引っ張っていかれるんじゃないかと」と振ると、相葉さんは「いや、頼ってます」と答えて笑いを誘った。二宮さんは「楽しい紅白を見たいな」と期待していた。

 今年の紅白歌合戦のテーマは「夢を歌おう」で、女優の有村架純さんが紅組、人気グループ「嵐」の相葉雅紀さんが白組の司会で、総合司会はNHKの武田真一アナウンサーが担当。紅組のトリを石川さゆりさん、大トリを嵐が務める。昨年に引き続き、歴代最長タイの午後7時15分~同11時45分(途中、5分間ニュースで中断)で放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る