MANTANWEB(まんたんウェブ)

高畑充希:「自虐的」の夢診断に苦笑い 「ドMなのかな…」

映画 芸能
劇場版アニメ「ひるね姫~知らないワタシの物語~」の完成披露試写会に登場した高畑充希さん

 女優の高畑充希さんが27日、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)で開かれた劇場版アニメ「ひるね姫~知らないワタシの物語~」(神山健治監督、3月18日公開)の完成披露試写会に登場した。居眠りばかりしてしまう女子高生・森川ココネを演じた高畑さんは、自らの夢を診断され「自虐的で打たれ強い性格」と指摘されると、「確かに打たれても次の日に忘れるタイプ。ドMなのかな……」と苦笑いだった。

 「ひるね姫」は、「東のエデン」「攻殻機動隊S.A.C.」などの神山監督が手がける劇場版アニメで、神山監督が初めて挑むオリジナルストーリーの作品。2020年の岡山県倉敷市を舞台に、父親と暮らす女子高生・森川ココネの家族の絆などが描かれている。イベントには、ココネの父・モモタロー役でアニメ声優に初挑戦した江口洋介さんをはじめ、声優を務めた満島真之介さん、古田新太さん、前野朋哉さん、高橋英樹さん、神山監督も登場した。

 高畑さんはココネが見る夢の世界のハートランド国の姫・エンシェンの声も演じており、「岡山弁という方言も、二つの役もとても難しかったです。映画だと江口さんとは家族(の役)ですが、実は(アフレコでは会わず舞台で)初めてお会いして……」と明かし、相手を見ないで演技をする声優の苦労を力説。「声優って恐ろしい仕事。でも楽しかったです」と振り返った。

 そんな高畑さんの発言を聞いた満島さんは「高畑さんは、実は(アフレコのときに)僕と一緒にいたんですよ。僕はいなかったことになっていて、少し寂しい思いを……」とからかうと、高畑さんは「ごめんなさい」とフォローに懸命になっていた。

 「ひるね姫」は、ところ構わず昼寝をしてしまう女子高生・ココネがある日、最近いつも同じ夢を見ていることに気づくが、窮屈でどこか温かいその夢は、彼女の知らない家族の秘密につながっていて……という内容。高畑さんが森川ココネ名義で主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」も歌っている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る