MANTANWEB(まんたんウェブ)

長州力:高クオリティーの「バトー」コスプレにご満悦

アニメ 映画 マンガ
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」公開直前イベントでバトーのコスプレを披露した長州力さん

 プロレスラーの長州力さんが30日、東京都内で行われた映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(ルパート・サンダース監督、4月7日公開)の公開直前イベントに、主人公の少佐の相棒・バトーのコスプレで登場した。客席後方から、驚きの歓声と拍手に包まれてステージに上がった長州さんは、司会者に「バトーにそっくり!」と絶賛されると、「大変光栄です!」と大喜びだった。

 イベントでは、プロジェクションマッピング技術を使って、長州さんの顔がさまざまな顔に変化していく「顔面ハッキング」の特別映像を上映した。さらに、空手家で女優の武田梨奈さんも、少佐をイメージした黒のボディースーツに身を包んで登場し、長州さんを相手にハイキックをするパフォーマンスを行った。

 武田さんは「以前お会いしたときは笑顔がすてきな方。ただ、今日はちょっと怖いです」と、長州さんの特殊メークのクオリティーに感心。衣装はもちろん精密な特殊メークも施し、約2時間かけてバトーに変身した長州さんは「ここまでくる行程が全く自分には分からなかったです。とにかく大変でした。全然(目が)見えないです」といいながらもご機嫌で、「もし顔面ハッキングできるなら誰になりたい?」と聞かれると「やっぱり僕はバトーですね!」と即答し、自身のコスプレが気に入った様子。武田さんのハイキックを受けても「キレてるキックですね。これを言わせたかったんですよね? いや~、キレてましたよ!」と、終始笑顔だった。

 映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、士郎正宗さんのマンガが原作の人気アニメ「攻殻機動隊」を実写化したハリウッド映画。近未来の電脳化社会を舞台に、少佐が率いるエリート捜査組織「公安9課」がサイバーテロ組織と対決し、捜査をするうちに自分の記憶が操作されたことに気づく……というストーリー。全身義体で世界最強の女性である少佐役をスカーレット・ヨハンソンさん、少佐の上司・荒巻役をビートたけしさん、少佐の“懐刀”バトー役をピルー・アスベックさんが演じる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る