MANTANWEB(まんたんウェブ)

星野源:“夜の思い出”を告白 「ステキな夜でした…」

映画 芸能
劇場版アニメ「夜は短し歩けよ乙女」の舞台あいさつに登場した星野源さん

 歌手で俳優の星野源さんが8日、東京都内で行われた劇場版アニメ「夜は短し歩けよ乙女」(湯浅政明監督)の舞台あいさつに出席。星野さんは印象深い夜の思い出を聞かれると、NHK紅白歌合戦に出場した昨年の大みそかを挙げ、「そのままTBSの『カウントダウンTV』に出なくてはいけなくて、紅白の放送が終わって走ってNHKを出て、急いで車に乗って移動し、その車中で年を越すという、『紅白歌合戦からの~』って昔からあるじゃないですか。急いで移動して『間に合いました!』って。あれを体験できてステキな夜でした」としみじと振り返った。

 「夜は短し歩けよ乙女」は、第20回山本周五郎賞、2007年本屋大賞2位に選ばれ、累計売り上げは130万部を超えるベストセラー。“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”が、京都のいたるところで彼女の姿を追い求め、珍事件の数々に巻き込まれる……というストーリー。主人公の“先輩”の声を星野さん、ヒロイン“黒髪の乙女”を花澤香菜さんが演じている。

 この日は原作者の森見登美彦さんも登場。森見さんから「中毒性の高い、すごく楽しい作品」とアニメを褒められると、星野さんは「小説を読んでいても、読み終わるまでに実際の京都とはまた違う、森見さんの心の中の世界に連れて行ってもらえるような感じがして、すごく大好き」と話し、さらに映画についても「そこにさらに“湯浅ブースト”がすごいかかっていて、本当にこの世じゃないところに最終的に連れて行ってくれる。“なんじゃ、こりゃ!”って面白さみたいなものが僕は大好き」と作品への思いを語っていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る