MANTANWEB(まんたんウェブ)

キンプリ:新作は「全部詰め込んだ」 「プリティーリズム」要素にニヤり 菱田監督と西Pに聞く

アニメ
劇場版アニメ「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」のビジュアル(C)T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/キングオブプリズムPH製作委員会

 “応援上映”も話題になった劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(略称・キンプリ、菱田正和監督)の新作「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」が10日、公開された。ヒット作の新作ということで注目が集まる中、菱田監督は「全部詰め込んだ。やりきりました」「何も思い残すことがないようにした」と熱いを思いを語る。菱田監督と同作を手がけたエイベックス・ピクチャーズの西浩子プロデューサーに新作について聞いた。

 ◇ストリート系の素晴らしさを伝えたい

 「キンプリ」は、2013年4月~14年3月に放送された女児向けテレビアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフで、男性キャラクターの神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキによるユニット「Over The Rainbow」が歌とショーに懸ける姿を描いている。昨年1月に公開され、わずか14館の公開という小規模でのスタートだったが、延べ上演館数が100館以上にまで拡大。映像に合わせて、観客が声を上げたり、サイリウムを振って楽しめる応援上映が「めざましテレビ」(フジテレビ系)や「ニュース シブ5時」(NHK総合)などで取り上げられ、話題になった。

 新作は、コウジが巨額の負債を返すためにハリウッドで映画音楽制作に、カヅキがストリート系としての自らの原点を見つめ直し、ヒロが己を高めるため特訓に打ち込む中、4年に1度のプリズムキングカップが開幕する。菱田監督は「全部詰め込んだ。やりきりました」、西プロデューサーは「後悔はないです」と新作に自信を見せる。

 西プロデューサーは、新作について「オバレ(Over The Rainbow)の話に決着をつけてください!としか(菱田監督に)お願いしていません」と話す。菱田監督は「個人的にはカヅキが好き。ストリート系のプリズムショーの素晴らしさを皆さんに知っていただきたかった。前回はちょっとだけだったので、今回はそれなりに見せられたと思います。モテようとしない思春期の男が好きなんです。カヅキは恥ずかしげもなく勇者の格好ができる。そこはこだわりポイントの一つです」と思いを明かす。

 菱田監督は、カヅキがお気に入りのようだが「西さんには響かないんですよ(笑い)」といい、西プロデューサーは「前作はアレク(大和アレクサンダー)とカヅキのシーンが盛り上がった。意外です。だから今回は『監督の好きなようにやってください!』となりました」と話し、カヅキの活躍を存分に楽しめるようだ。

 ◇何も思い残すことがないようにした

 「キンプリ」は、そもそも「プリティーリズム」シリーズの「プリティーリズム・レインボーライブ」から生まれたアニメだ。菱田監督が「『プリティーリズム』シリーズの1作目から熱烈に応援してくれるエリートと呼ばれるファンが支えてくれてきた。その人たちがいなければ『キンプリ』はなかった」と話すように、熱心なファンの思いに応えるために「キンプリ」は作られた。

 しかし、「キンプリ」は「プリティーリズム」シリーズの要素が控えめだった。西プロデューサーは「『キンプリ』は『プリティーリズム』をあえて我慢して、控えめにしたところもあった。間口を狭めたくなかったんです。『プリティーリズム』を見ないと分からない作品にはしたくなかった」と説明する。

 一方で、「キンプリ」をきっかけに「プリティーリズム」シリーズを見た新規ファンが増えたといい、新作は「プリティーリズム」シリーズの要素を増やした。菱田監督は「新作は何も思い残すことがないようにした。ファンへの恩返しだと思っています。ただ、知らない人でも楽しめるようにはしている。知っている人はニヤッとできると思います」と話す。

 ◇仁のパンパンパン!が増えた!? 一瞬も見逃せない

 話題になった応援上映は、菱田監督が「予想を大きく超える反応で、新しい形になった」と驚いた様子で話すように、ファンが“発明”していった。新作は、「キンプリ」の応援上映の反応も製作に影響があったといい、菱田監督は「(法月)仁がつえをパンパンパン!とする回数を増やしたり、サイリウムの色を変えるタイミングを考えました。ファンの人たちも作品に“参加”していただきたい気持ちがあった。新規の人がつらくならないように、バランスも考えた。ある意味、実験ですよね」と話す。

 新作には、「プリティーリズム」の要素、ストリート系の魅力、応援上映などさまざまな要素が詰め込まれた。まさに、盛りだくさんの内容となっており、菱田監督は見どころを「全部なんですよ! 全部入れきった。一瞬も見逃さずに見てほしいです。エンディングもいろいろな意味が込められている。最後まで見てください」と熱く語る。

 気が早いかもしれないが、さらなる新作も期待され、西プロデューサーは「作りたい気持ちはあります。お客さんが求めるのであれば、作り続けたい」と意欲を燃やす。新作だけでなく、その後の展開も熱い視線が注がれそうだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る