MANTANWEB(まんたんウェブ)

ナナマル サンバツ:テレビアニメ初主演の堀江瞬は「ほどよい緊張感で」 男性声優陣が意気込み語る

アニメ マンガ
テレビアニメ「ナナマル サンバツ」に出演する(左から)石川界人さん、堀江瞬さん、佐藤拓也さん、畠中祐さん

 競技クイズをテーマとした杉基イクラさんのマンガが原作のテレビアニメ「ナナマル サンバツ」が、4日から毎週火曜深夜(1時59分ほか)に日本テレビで放送される。少し古風な“本の虫”の主人公・越山識の声優を務めるのが堀江瞬さんで、テレビアニメ初主演を果たす。堀江さん、石川界人さん、佐藤拓也さん、畠中祐さんの4人の男性声優陣にアニメに意気込みや見どころを聞いた。

 ◇“座長”の姿勢から熱意

 「ナナマル サンバツ」は、「ヤングエース」(KADOKAWA)で連載中のマンガが原作で、読書好きの文蔵高校の1年生・越山識がクイズ研究会に入会することになり、研究会のメンバーや他校生としのぎを削りながら、競技クイズの世界にハマっていく……というストーリー。女優の川島海荷さんがヒロイン・深見真理の声優を務めることも話題になっている。石川さんは識をライバル視する御来屋千智、佐藤さんは識が所属するクイズ研究会の会長・笹島学人、畠中さんは識のクラスメートでクイズ研究会に参加する井上大将をそれぞれ演じる。

 テレビアニメ初主演の堀江さんは「決まったと連絡をいただいて、うれしい!というよりも不安が大きかったです。ちゃんとできるのか、座長としてどう振る舞うのか、川島海荷ちゃんとうまくお話できるのか……などなど不安だったのですが、アフレコを迎えてみると、ほどよい緊張感がありました」と話す。

 堀江さんは、ヒロイン役の川島さんとは「お話できました」といい、石川さんと畠中さんは「いいなあ!」「ずるいなあ!」とからかう。堀江さんはアフレコの様子について「皆さんが温かくて、すてきな現場です!」と話し、佐藤さんは、堀江さんについて「姿勢から熱意が伝わってきます。これからチーム感が出てくるんじゃないかな」と語る。

 ◇競技クイズの臨場感を出す

 アニメでは手に汗握る競技クイズのシーンが見どころの一つになる。畠中さんは「0.1秒、0。01秒の戦い。臨場感をいかに出せるかが難しいですし、突き詰めていきたい」、佐藤さんは「僕は会長役なので、クイズをやって生きた雰囲気を出さないといけない。本気でやっている人に共感していただけるように、僕らも熱意をもって演じたい」と話す。

 石川さんが演じる御来屋千智は、新入生らしからぬ実力を持つキャラクターだが、石川さん自身は、クイズは「苦手です。この前、クイズに挑戦してみた時に、答えの漢字が読めないこともあって……」と明かし「アフレコでは、これから試合のシーンもある。御来屋が段々切羽詰まっていく時に、どういう息遣いになるかが楽しみですね」と意気込む。熱いクイズシーンでの声優陣の熱演も見どころになりそうだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る