MANTANWEB(まんたんウェブ)

岡田准一:「『関ヶ原』には“鬼”が出る」? 原田監督絶賛の川柳も

映画
映画「関ヶ原」の大ヒット祈願イベントに出席した(左から)原田眞人監督、滝藤賢一さん、平岳大さん、中越典子さん

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが21日、東京・神田明神で行われた主演映画「関ヶ原」(原田眞人監督、26日公開)の大ヒット祈願イベントに、原田監督や共演らと出席した。岡田さんは「『関ヶ原』には鬼が出るといううわさを僕が流していました。監督が愛情を持ってですが、すごく怒るんですよ。それでスタッフがピリッとするので(監督の怒りの大きさを)大鬼、中鬼、小鬼って(表現して)キャストで話していました」と楽しそうに撮影を振り返った。

 イベントでは、作品にちなんで「人生における決戦の日」をお題にした川柳を出席者が発表。岡田さんが「鬼が出て 鬼締め決めて 鬼ヒット」とし、「“鬼ヒット”してほしい」と映画のヒットを願うと、原田監督は「人生の標語にしたいような素晴らしい川柳」と絶賛した。この日のイベントには平岳大さん、滝藤賢一さん、中越典子さんも出席した。

 「関ヶ原」は、作家・司馬遼太郎さんの歴史小説が原作。戦国史上最大の決戦となった「関ケ原の戦い」を舞台に、豊臣家への忠義から立ち上がった石田三成(岡田さん)と、天下取りの野望に燃える徳川家康(役所広司さん)らの姿を描く。圧倒的に有利といわれていた三成が、家康に敗れた理由には、“封印”された真実が隠されていた……という内容で、命を懸けて三成を守る忍び・初芽(有村架純さん)とのひそやかな恋も描かれる。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る