綾瀬はるか:「精霊の守り人」でアクション女優に開眼 最終章「物足りない」と余裕の笑み

NHKの大河ファンタジードラマ「精霊の守り人~最終章~」の会見に出席した綾瀬はるかさん
1 / 1
NHKの大河ファンタジードラマ「精霊の守り人~最終章~」の会見に出席した綾瀬はるかさん

 女優の綾瀬はるかさんが13日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた同局の大河ファンタジードラマ「精霊の守り人~最終章~」の会見に出席。主人公の女用心棒バルサを演じる綾瀬さんは、アクションシーンについて「最初は本当に大変で、明日からやっていけるのかって思うくらい大変で。それを超えたときに生死をかけて戦って生きている人の気持ちが体に入ってきて、バルサという役が演じやすくなった」としみじみ。最終章については「アクションは楽になりました」と明かすと、「物足りない」と余裕の笑みを見せた。

 「精霊の守り人」は、「鹿の王」で第12回本屋大賞を受賞した上橋菜穂子さんの小説「守り人」シリーズが原作。短槍(たんそう)使いの女用心棒バルサと、この世と重なって存在する異世界の水の精霊ニュンガ・ロ・イムの卵を宿したため、命を狙われるようになった新ヨゴ皇国の皇子チャグムとの冒険を描くファンタジー。2007年には「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズなどで知られる神山健治監督によりテレビアニメ化もされた。

 ドラマは、大河ドラマで培ったノウハウと最新の映像技術を駆使し、全編4Kで制作。16年3月にスタートし、17年1月にシーズン2の「悲しき破壊神」を放送。シーズン3となる「最終章」は、再び共に旅することになったバルサとチャグムだったが、バルサは、カンバル王国の奥深く潜んでいた陰謀を暴いていき、チャグムも新ヨゴ国を狙うタルシュ帝国の攻撃に立ち上がる……という内容。NHK総合で25日から毎週土曜午後9時に放送される。

 綾瀬さんは「ようやく最終章を見ていただけるって思うとうれしいし、ほっとしています。多くの人に見ていただいて、何かを感じていただければ」とアピールしていた。会見にはタルシュ帝国の第2王子・ラウル役の高良健吾さん、タルシュ帝国の軍人・ヒュウゴ役の鈴木亮平さん、原作者の上橋菜穂子さんも出席した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画