MANTANWEB(まんたんウェブ)

アニメ質問状:「魔法使いの嫁」 唯一無二の世界を表現 エリアスにいろいろと言いたくなる…

アニメ マンガ
アニメ「魔法使いの嫁」の一場面(C)2017ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、ヤマザキコレさんのマンガが原作のテレビアニメ「魔法使いの嫁」です。アニメを制作するWIT STUDIOの和田丈嗣プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 --作品の概要と魅力は?

 寂しさや悲しみ、怖さなど、たくさんの感情を内包している「魔法使いの嫁」の世界観は、唯一無二なものだと思います。第1巻の冒頭、「その世界は私たちのそばに息づいている」という、このシーンに衝撃を受けて「この作品を映像化したい!」と思い、動き回って結果的にテレビアニメーションとして皆さまに見ていただくことができています! 自分たちの日常から、少し離れたこの魅力的な世界に行ってみたい、そう思える作品です。

 --アニメにするときに心がけたことは?

 唯一無二の「魔法使いの嫁」の世界を、とにかく皆で作り上げること。アニメーションに関わる全ての人たちの作業の重なりによって表現するということを意識しました。キャラクターはもちろんのこと、背景美術や音楽まで、マンガのコマの外側に感じられるものをなんとか表現するべく、現場は一丸となって頑張っています! 「映像の中にある世界が、もしかしたら自分たちの傍らにあるかもしれないという存在感」を、見た人に感じてもらえるように、一番心がけました。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 「魔法使いの嫁」の良さをいろいろ書かせていただいたのですが、それを実現するのが本当に大変で……。日々苦しんでいます。存在感って、出すのが本当に大変なんですよ……。そこは、本当に素晴らしいスタッフの力によって実現できていると感謝しておりますが、これが最後まで走り切るということを考えると、本当にドキドキします。放送が終わった時に、視聴者の皆さまに喜んでいただけると、うれしいなあと。最終話をテレビで笑顔で見られることを目指して、今は前に進むのみです。

 --今後の見どころを教えてください。

 チセとエリアスの二人の行方にぜひ注目してください! いやー、もう本当にだんだんエリアスにいろいろと言いたくなってきます。最初は、何一つ持たぬ少女を金で買ったヒトならざる魔法使いという関係性、そして“弟子”として、そして“花嫁”として始まった二人が、どうなるのか?? この部分に、フォーカスを当てて物語を作っているので、ぜひ注目してみてください! そして、後半にいくに連れてどんどん世界が広がってきますので、世界そのものにも注目していただけるとうれしいです!

 --ファンへ一言お願いします

 この原作マンガに出合った時には、本当にほっとしたことを覚えています。アニメーションを作るのは、とてもたくさんの人と、とても長い時間がかかります。なので、本当になかなか心の底からやりたいと思える作品に出合うことは少ないです。いろいろなことが頭の中をよぎりますから……。「魔法使いの嫁」は、アニメーションとして取り組む価値のある、そういう作品です。その世界を表現するためにたくさんのスタッフが精いっぱい取り組んでおりますので、ぜひ見ていただけるとうれしいです。

WIT STUDIO プロデューサー 和田丈嗣

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る