MANTANWEB(まんたんウェブ)

千葉雄大:13歳の少年役も「28歳が出ちゃう…」 アフレコで“戦隊経験”生かす?

アニメ 映画
劇場版アニメ「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」の公開アフレコイベントに登場した千葉雄大さん

 俳優の千葉雄大さん(28)が19日、東京都内で行われた劇場版アニメ「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」(ウシロシンジ監督、12月16日公開)の公開アフレコ後に会見。同作で13歳の少年・月浪トウマの声優を務めた千葉さんは、イベント後の会見で「声優の経験は浅く、難しいことだらけ。13歳の役は難しかったですね。28歳が出ちゃう」と苦笑しつつ、「僕のデビュー作だった戦隊ヒーローでの経験が生かせた」と自信も見せた。

 公開アフレコには、トウマと同じく主人公の女の子・天野ナツメの声優を務める上白石萌音さん、ジバニャンも出席。二人は、公開アフレコを前に「緊張しています」と固い表情を見せた。千葉さんは、迫真の演技でアフレコに挑戦したが、「もっと13歳の少年っぽさを出して」という指示に苦笑していた。

 同作では、おなじみの妖怪たちが「シャドウサイド」という戦闘モードの姿になることから、自身の“シャドウサイドの一面”を聞かれた千葉さんは「バラエティー番組であざといことをするって指摘されました(笑い)」と明かすと、ジバニャンから「可愛い笑顔が怪しいんだにゃ」と突っ込まれていた。また、この日が千葉さんと初対面したという上白石さんも「つかみどころがなく、本当の千葉さんがどこにいるのか(笑い)。千葉さんは自然体な方で、私にはまだシャドウサイドは見えていない。ミステリアスな方です」と印象を語っていた。

 劇場版最新作は、「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界が舞台。恐るべき妖怪ウイルス・鬼まろによって穏やかな日常が終わりを告げようとする中、“妖怪ウォッチに選ばれし者”が、人類滅亡の危機に立ち向かう……というストーリー。「ゲゲゲの鬼太郎」ともコラボしており、鬼太郎や目玉おやじ、ねずみ男、ねこ娘らも登場する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る