MANTANWEB(まんたんウェブ)

森久保祥太郎:新作「マジンガーZ」兜甲児役で初代・石丸博也に助言求めるも…

アニメ 映画
劇場版アニメ「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」のジャパンプレミアに登場した森久保祥太郎さん

 声優の森久保祥太郎さんが3日、東京都内で行われた劇場版アニメ「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」(志水淳児監督、2018年1月13日公開)のジャパンプレミアに登場した。主人公の兜甲児役の声優を務める森久保さんは、前作で同役を演じ、本作にも声優として出演する石丸博也さんにアドバイスを求めたことを明かし、「当時の様子や兜甲児への思いなどを聞きたかったのですが、石丸さんはユーモアのある方で『忘れちゃった。君が思う兜甲児を演じてくれれば』と大きな言葉をいただきました」と語った。

 森久保さんは、本作の声優を務める上でプレッシャーは「もちろんありました」といい、石丸さんにアドバイスをもらってからは「あとは楽しんでやるだけと思ってやりました」と振り返っていた。

 この日は、45年前にテレビアニメ「マジンガーZ」が放映を開始した日で、会場にはビッグサイズのケーキが登場。イベントには、声優を務めた上坂すみれさん、花江夏樹さん、朴ロ美さん、宮迫博之さん、お笑いコンビ「おかずクラブ」も出席した。

 「マジンガーZ」は、1970年代を中心に人気を集めたロボットアニメで、地球の平和を守るため、主人公・兜甲児がロボットを操り、世界征服をたくらむ悪の天才科学者Dr.ヘルが作り出した機械獣軍団と戦う……というストーリー。永井豪さんのマンガが72年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載開始。テレビアニメが72~74年に放送された。

 新作劇場版アニメは、マジンガーZや光子力研究所の仲間によって、平和を取り戻してから10年後が舞台となる。過去のテレビアニメ版などと同じ東映アニメーション(旧東映動画)が製作する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る