綾瀬はるか:またまた天然発言! 恋愛は「手の内でころされる」タイプ?

映画
映画「今夜、ロマンス劇場で」のジャパンプレミアに登場した綾瀬はるかさん

 女優の綾瀬はるかさんが18日、東京都内で行われた映画「今夜、ロマンス劇場で」(武内英樹監督、2月10日公開)のジャパンプレミアに、共演の坂口健太郎さんらと登場。恋愛がテーマとなった映画の内容にちなみ、「恋愛は相手を振り回すタイプか、振り回されるタイプか」と聞かれると、“天然発言”でおなじみの綾瀬さんは「私は(相手を)振り回しているようで、振り回されているタイプかな。時と人によりますが。手の内で殺されている……」と話し、坂口さんらは大笑い。「手の上で転がされている、でしょ」と突っ込まれ、苦笑していた。

 イベントには、共演の本田翼さん、中尾明慶さん、石橋杏奈さん、武内監督も出席した。坂口さんは同じ質問に「振り回されているふりをするタイプ」と答えると、綾瀬さんは「意外と賢いかも」と納得した様子。同じ質問に、仲里依紗さんの夫・中尾さんが「振り回したい人。(相手を)振り回したことが一回もない。家庭では、どちらかというと、追い込まれている感じです」と話すと、綾瀬さんは「奥さんのほうに主導権があるとうまくいくのかも」と理解を示していた。

 綾瀬さんは、司会を務めたフジテレビの笠井信輔アナウンサーから、台本を読んだ感想を聞かれて「王女役を演じさせていただいたのですが、私は王女役とかけ離れているのですが……。あれ、質問なんでしたっけ?」と答えて、観客を笑わせる場面もあった。

 映画は、スクリーンから現れたわがままな“モノクロのお姫様”の美雪と、映画監督を夢見る青年・健司のラブストーリー。健司はスクリーンの中の美雪に恋をして、何度も繰り返し映画を見ていた。ある日、美雪が健司の目の前に現れる。モノクロの世界しか知らない美雪にカラフルな現実世界を案内する健司。2人は次第にひかれ合っていくが、美雪には秘密があって……と展開する。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る