MANTANWEB(まんたんウェブ)

北原里英:「初めて寒くて泣きました」 スタントなしで過酷な撮影に挑戦

映画 アイドル
主演映画「サニー/32」完成披露イベントに登場した北原里英さん

 アイドルグループ「NGT48」の北原里英さんが18日、東京都内で行われた主演映画「サニー/32」(白石和彌監督、2月17日公開)の完成披露イベントに登場。北原さんは、昨年2月に極寒の新潟で雪原を歩くシーンを撮影するなど、過酷な撮影だったといい、「初めて寒くて泣きました。はじめは何の涙か分からなかったんですけれど……」と振り返った。

 イベントには、北原さんのほか、ピエール瀧さん、リリー・フランキーさん、門脇麦さん、白石監督が出席した。白石監督は、北原さんの熱演について「こうしてほしいということを真っすぐにすべて受け入れてやってくださって、見てるこっちが申し訳ない」と言い、リリーさんも「スタントさんがやるべきところを全部やっている。トム・クルーズか、北原里英か、ですよ」と絶賛。ピエールさんも「たまたま死ななかっただけ」とうなずき、「監督のことを『サディスティックハムスター』と呼んでました。『どうぶつの森』に出てくるハムスターとそっくりなんです」と明かしていた。

 北原さんが「雪原を薄っぺらい格好で歩かされたとき、救出されたときに涙が出てきて、思わず白石さん(監督)を無視してしまった」と話すと、リリーさんは「監督に言われたことを、全部やったら死んじゃうからね」と北原さんをねぎらった。撮影ではほかにも、ピエールさんになめられたり、殴られたりするシーンもあったというが、北原さんは「なめられたり殴られたりが気にならないくらい、ほか(の撮影)がつらかったので、全然抵抗はなかった」と笑っていた。

 「サニー/32」は、仕事も私生活も今一つの中学校教師の藤井赤理(北原さん)が、24歳の誕生日に、「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ、インターネットで神格化された少女サニーを崇拝する男たちに誘拐される……というストーリー。2013年公開の映画「凶悪」の白石監督、高橋泉さんが脚本を担当し、赤理を誘拐する柏原をピエールさん、小田をリリーさんが演じるなど、「凶悪」のキャストとスタッフが再集結したオリジナル作品。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る