MANTANWEB(まんたんウェブ)

森なな子:早見沙織なら脳内をシンクロさせてもOK? 「優しいから私を受け止めてくれそう」

アニメ 映画
映画「パシフィック・リム:アップライジング」の初日舞台あいさつに登場した(左から)石川界人さん、早見沙織さん、中村悠一さん、森なな子さん

 声優の森なな子さんが13日、東京都内で行われた人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)の初日舞台あいさつに早見沙織さんらと共に登場。森さんらは同作の日本語吹き替え版の声優を務めた。舞台あいさつで「人型巨大ロボット・イェーガーに乗って世界を救うなら、“ドリフト”してみたい相手は?」と聞かれ、森さんは「(早見)沙織さん」と回答。ドリフトは相手と脳内をシンクロさせる作業で、森さんは「早見さんなら優しいから、私の過去も受け止めてくれそう」と話し、早見さんは「(2人なら)世界を救えそう」と応じていた。

 続けて、森さんは、早見さんとは他の作品で共演した際も「アドリブをリハーサルなしでできる」と明かし、「戦う時もシンクロしやすいはず」と語っていた。舞台あいさつには、日本語吹き替え版の声優を務める中村悠一さん、石川界人さんも登場した。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体にイェーガーで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作から数年が経過し平穏が戻った地球が舞台。進化を遂げたKAIJUが再び現れ、東京などの都市を破壊するほか、謎の黒いイェーガー「オブシディアン・フューリー」が出現し、人類を守るはずのイェーガー同士の激しい戦いを繰り広げる……という展開。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る