MANTANWEB(まんたんウェブ)

スティーブン・スピルバーグ:宮崎駿を絶賛 1年前に娘と一緒に面会「本当にスペシャルな体験だった」

アニメ 映画
映画「レディ・プレイヤー1」のトークイベントに登場したスティーブン・スピルバーグ監督

 13年ぶりに来日したスティーブン・スピルバーグ監督が19日、東京都内で行われた新作映画「レディ・プレイヤー1」(20日公開)のトークイベントに登場。スピルバーグ監督は、1年ほど前に宮崎駿監督と対面したことを明かし、「『千と千尋の神隠し』は、ディズニーのどの作品よりも素晴らしいと思っています」と絶賛していた。

 イベントにはキャストのタイ・シェリダンさん、オリビア・クックさん、森崎ウィンさんらも登壇。映画業界を目指す学生やクリエーター、YouTuberらが参加し、“ヒット映画の作り方”というテーマで会話を交わした。

 参加者から、日本人の創造性をどう思うか聞かれたスピルバーグ監督は「日本は素晴らし才能が花開いていると思いますが、特に第二次世界大戦後の人々は素晴らしかったと思っています」と話し、「私としては、宮崎駿の世界は、本当に素晴らしいと思うんですね。『千と千尋の神隠し』は、本当に素晴らしい映画だと思いますし、ディズニーのどの作品よりも素晴らしいと思っています」と語った。

 続けて、「11カ月か12カ月ほど前に娘と一緒に、彼にお会いすることができました。私の娘はアニメーションをやっておりまして、『彼と会って天国だ!』と言っていました。本当にスペシャルな体験でした」と振り返り、「日本には才能あふれる方がたくさんいて、野心のある方もたくさんいますが、一番美しいのは人と人との関係が一番だと思います」とコメントした。

 「レディ・プレイヤー1」は、アーネスト・クラインさんのSF小説「ゲームウォーズ」が原作。経済が破綻寸前で、若者たちがバーチャル世界の「OASIS(オアシス)」にのめり込んでいる2045年が舞台となる。ある日、OASIS開発者から「OASISのどこかに隠された宝の卵『イースターエッグ』を見つけた者は、OASISの後継者となれる」という遺言が発信され、スラム街に住む主人公のウェイドは、全人類が参加するトレジャーハンティングに挑む……というストーリー。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る