MANTANWEB(まんたんウェブ)

アニメ質問状:「魔法少女サイト」 目を背けたくなる表現もできる限り忠実に 少女の選択に意味を

アニメ マンガ
テレビアニメ「魔法少女サイト」の一場面(C)佐藤健太郎(秋田書店)/「魔法少女サイト」製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、佐藤健太郎さんのマンガが原作のテレビアニメ「魔法少女サイト」です。エイベックス・ピクチャーズの松村一人プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 --作品の概要と魅力は?

 朝霧彩という“不幸な”ことに学校でも家庭でもいじめられている、そんな“不幸な”彼女が魔法のステッキを手に入れ、“不幸にも”仲間と共に立ち向かう“不幸な”少女の物語です。

 --アニメにするときに心がけたことは?

 原作の佐藤健太郎先生が描いた目を背けたくなる表現も、できる限り忠実に表現しようと思いました。誤解を恐れず言うと“目を背けたくなる表現”を描きたいわけではなく、それがあるからこそ、少女たちが選んだ“選択”に意味を持つことができる、そういうアニメにしたかったからです。おかげさまで、松林(唯人)監督も脚本家の伊神(貴世)さん、制作会社のproduction doAさんもクリエーティブが素晴らしく、第1話終了後には、皆さまからさまざまなご感想をいただきました。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 シナリオ会議中に方向性に迷ったときには、秋田書店の担当編集さんにその場で佐藤先生の意見、アイデアを確認していただける。そういう一体感を持てる体制になっていました。そのおかげで、チームとして迷うことなく突っ走ることができた現場でした。

 --今後の見どころを教えてください。

 後半には、原作にはないオリジナルの展開が待っております。「えっ、彼女が!?」というサプライズもありますので、一休みすることなく最終話まで楽しんでいただけると思います。松林監督を中心に鋭意制作中でございますので楽しみにしていてください。

 --ファンへ一言お願いします。

 キズナアイちゃんが(あと佐藤先生も)本作で声優デビューをしております。彼女(彼も)の声優出演作品を見られるのは本作だけですので、そういう点からも楽しんでいただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

エイベックス・ピクチャーズ 松村一人

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る