MANTANWEB(まんたんウェブ)

山田洋次監督:寅さんは渥美清から“掘り出した”キャラクター 原点は落語の「熊さん」

映画
名古屋市内で行われた映画「男はつらいよ 寅次郎相合傘」の舞台あいさつに登場した山田洋次監督

 山田洋次監督が11日、名古屋駅前の映画館「ミッドランドスクエアシネマ」で、43年前の劇場公開作「男はつらいよ 寅次郎相合傘」の35ミリフィルムリマスター版上映後に行われた舞台あいさつに登場した。山田監督は寅さんのキャラクターについて「彼(渥美清さん)の中から生まれてきた、あるいは僕が“掘り出した”キャラクター」と振り返った。

 寅さんのキャラクターが誕生した経緯を聞かれた山田監督は「映画の前にフジテレビで渥美清主演で、僕にホン(脚本)を書いてくれないかという、ごく普通のことから始まった」といい、当時、すでにビッグスターだった渥美さんと「ゆっくり話がしたい」とリクエストしたという。「僕の仕事場に来てくれて、半日ぐらいいろいろなおしゃべりをしてくれた。コメディアンとして非常に優れた人であることは知っていたけど、ものすごい記憶力と豊かな表現力で、笑わせてくれる。名人の落語を聞いているようだった」と回顧。「落語に出てくる熊さんのようなキャラクターが、この人ならできるんじゃないかと思って、下町の不良少年のなれの果てという形で考えてみました」と明かした。

 この日、寅さんのテーマに乗って、大きな拍手で迎えられて登場した山田監督は「僕も一緒に見ました。48本も作ったけれど、その中の気に入った作品の三つのうちの一つは『相合傘』になると思います。久しぶりに見たけれど、倍賞(千恵子)さんも浅丘ルリ子さんも非常に美しくて、うっとりさせる力がある。船越英二さんもとてもいい味を出している」と感慨深げな様子を見せていた。

 舞台あいさつは、同劇場の11周年と、山田監督の最新作「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3」(25日公開)の公開を記念して開催。「家族はつらいよ3」の舞台あいさつも行われた。同劇場では、昨年10月から「男はつらいよ」シリーズの35ミリフィルムリマスター版を毎月1作品、フィルム映写機で上映している。「寅次郎相合傘」の上映は12~18日。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る