MANTANWEB(まんたんウェブ)

櫻井孝宏:アニメ版ゴジラ第2章は「とんでもないものに」 瀬下監督は声優陣の「存在感」を絶賛

アニメ 映画
「GODZILLA 決戦機動増殖都市」の公開記念舞台あいさつに登場した櫻井孝宏さん(左)と宮野真守さん

 声優の櫻井孝宏さんが19日、東京都内で行われた怪獣映画「ゴジラ」の劇場版アニメの第2章「GODZILLA 決戦機動増殖都市」(静野孔文監督・瀬下寛之監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。櫻井さんは「初めてアニメーションのゴジラでその世界観を知る方もたくさんいたと思うんですが、静野さんと瀬下さんと虚淵(玄)さんがどんなゴジラを作るのか期待されているところだと思います。その期待を裏切らない、とんでもないものに仕上がっています」とアピールした。

 舞台あいさつには、声優の宮野真守さん、諏訪部順一さん、小澤亜李さん、静野監督、瀬下監督も登場。同作では、映像作成に先行してせりふを収録するプレスコという手法が使われており、瀬下監督は「今回ほどプレスコでよかったなと思う作品はない。声優の皆さんがキャラクターを一緒に作ってくれた。静野さんが怒濤(どとう)のカッティングをしても、せりふの一言一言に感情が乗っているので(キャラクター)一人一人の存在感がすごい」と絶賛していた。

 アニメは、2万年もの間、地球に君臨し続けてきたゴジラと人類の因縁の物語が描かれている。「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」などの静野さんとアニメ「亜人」などの瀬下さんが監督を務める。「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」などの虚淵玄(うろぶち・げん)さんがストーリー原案と脚本を担当し、「シドニアの騎士」「亜人」などのポリゴン・ピクチュアズが製作している。全3章。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る