かまいたち:「にゃんこスター」に感謝 「弾よけになってくれた」

「キングオブコント2018」大会開催記者会見に登場した「かまいたち」
1 / 10
「キングオブコント2018」大会開催記者会見に登場した「かまいたち」

 コント日本一を競う「キングオブコント2018」の大会開催記者会見が24日、東京都内で行われ、お笑いコンビの「かまいたち」が登場。昨年大会王者に輝いたものの、準優勝だった「にゃんこスター」に話題をさらわれたことについて、濱家隆一さんは「『にゃんこスター』が売れて僕らがダメだと言われていたのに、実はそれがありがたくて。『にゃんこスター』が最前線に立って、その後ろを僕らがついて行くという、弾よけになってくれて」と明かして笑わせた。

 相方の山内健司さんは昨年の優勝賞金で借金を返済し、残った全額を仮想通貨「NEM」に投資したことを明かし、「償金が入ったときが仮想通貨の価格がめちゃくちゃ上がっているときで、そこでジャンピングキャッチしたあとにズゴーンと落ちて……。だから僕は『NEM』とか仮想通貨を全部手放しまして、今は新しい仮想通貨に……」と話していた。

 この日の会見には、前回大会で決勝に進出した「さらば青春の光」「ジャングルポケット」「パーパー」も登場。会見の司会はお笑い芸人のあべこうじさんとTBSの伊東楓アナウンサーが務めた。「かまいたち」は今年は出場しないことも明らかにした。

 「キングオブコント」は、2008年から毎年行われているお笑いコンテストで、今回が11回目。2人以上のユニットならプロアマ問わず芸歴の制限なく出場可能で、これまでに「東京03」「ロバート」「かもめんたる」などが優勝している。昨年は、エントリー総数2477組の激戦を勝ち抜いた「かまいたち」が10代目キングの座に輝いた。

 今年はルールを一部改め、1回戦および2回戦のネタ披露の時間は2分に短縮。準々決勝以降のネタ披露の時間を5分に延長、準決勝は2ネタを披露して決勝は準決勝と同じネタを披露、決勝のファイナルステージは3組となることも発表された。過去の準決勝進出者は1回戦が免除され2回戦から、過去の決勝進出者は2回戦も免除され、準々決勝からの出場となる。予選は7月2日にスタートし、決勝は今年秋にTBS系で放送予定。優勝賞金は1000万円。

写真を見る全 10 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る