MANTANWEB(まんたんウェブ)

生駒里奈:“hide愛”爆発 ライブで歩き方をまね「自己満足ですけど」

映画
映画「HURRY GO ROUND」の初日舞台あいさつにスペシャルゲストとして登場した生駒里奈さん

 元「乃木坂46」の生駒里奈さんが26日、東京都内で行われた映画「HURRY GO ROUND」(石川智徹監督)の初日舞台あいさつに、スペシャルゲストとして登場。映画は、ロックバンド「X JAPAN」のギタリストで、ソロアーティストとしても活躍していたhideさんの亡くなる直前3カ月間の軌跡に迫ったドキュメンタリー。hideさんのファンだという生駒さんは、hideさんのグッズのジャージを羽織って登場し、「(乃木坂46の)ライブのMCで自由にやっていいよって言われたときには、歩き方とか、ちょっとhideさんぽいことを、自己満足ですけどやってました」と明かした。

 生駒さんは、hideさんのことを好きになったきっかけを「hideさんのことが好きなスタッフさんからアルバムを借りたり、氣志團万博でのステージを見たりして」といい、hideさんの魅力については「作るものが新鮮だなという印象と、ライブのMCのとかでポロっと人間味があふれる言葉を言ったり」と語った。さらに「自分とは全然違いますけど、(ステージに立つ立場として)ちょっと通ずるものがあるのかなって感じました」と共感している様子だった。

 舞台あいさつには、同作でナビゲーターを務めた俳優の矢本悠馬さん、「hide with Spread Beaver」のメンバーで音楽プロデューサーのI.N.Aさん、石川監督も出席。生駒さんは、hideさんの楽曲「DOUBT」のBGMでステージに登場。同曲について「メーク中とかに聴いていました。聴いていると安心してお昼寝できたりしました。10代のときは思春期だったので、うわーってなるときもあったのですが、そういうときはhideさんの曲を聴いて心を心を静めていました」と打ち明け、I.N.Aさんらを驚かせていた。

 hideさんの活動を生で見たことがないという生駒さんは、観客に向けて「リアルタイムで(hideさんの)ライブに行った方いますか」と呼びかけ、何人かが手を挙げると「いいなあ。生で見たら、壊れちゃいそう……」と興奮。

 hideさんが亡くなった当時、小学校1年生だったという矢本さんは「この作品で、hideさんのことを大好きになっていった。出会えて本当によかったと思います。ファンだった方たちにももちろん見ていただきたいのですが、今からhideさんのことを知っても損とか絶対しない。人生が豊かになるアーティスト。この映画をきっかけに、hideさんのファンになっていただけたらと思います」と笑顔で呼びかけた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る