MANTANWEB(まんたんウェブ)

大泉洋:「食べられないかは食べて判断」と驚きの家訓披露

映画
映画「焼肉ドラゴン」の大ヒット祈願イベントに参加した大泉洋さん

 映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督、22日公開)に出演する大泉洋さん、真木よう子さん、大谷亮平さんが13日、赤城神社(東京都新宿区)を訪れ、映画のヒット祈願を行った。映画の内容にちなみ、イベントでは自身が家訓のように大切にしていることをテーマに、トークを展開。大泉さんは「腐った食べ物を食べて判断する」と明かし、周囲を驚かせていた。

 家訓を聞かれた大泉さんは「ないですよ、家訓なんて。昨日から考えていましたけど、ないですよ」と話したが、「絞り出したのは、私のおやじはとにかく物を捨てない。食べ物をもったいなくて捨てられない人だったんですよ。おやじが言っていたのは『食べられるか、食べられないかは食べて判断する』。腐っているかもしれないから食べられないかもしれないけど、それは食べて判断する!」と明かしていた。

 大泉さんは父親の教えを実践しているそうで、「妻が『捨てるよ』と言っても『待ちなさい、貸しなさい』と言って食べる。食べて『うーん、腐っている』と。腐らせないことが重要ですけど、どうしても腐ってしまった物も食べてから判断しなさい。賞味期限に踊らされているんじゃないよ!」と熱っぽく語り、周囲を笑わせていた。イベントには鄭監督も参加した。

 映画は、2008年に日本の新国立劇場と韓国のソウル・アート・センターがコラボして製作し、数々の演劇賞を受賞した鄭さん作・演出の舞台「焼肉ドラゴン」が原作で、万国博覧会が催された1970(昭和45)年の関西の地方都市が舞台。焼き肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木さん)、梨花(井上真央さん)、美花(桜庭ななみさん)の3姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。店は、静花の幼なじみ・哲男(大泉さん)ら常連客たちでにぎわっていた。しかし店にも時代の波が押し寄せてきて……という内容。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る