MANTANWEB(まんたんウェブ)

大久保瑠美:「UNDER THE DOG」は自分史上「一番ダークだったかも」 瀬戸麻沙美と初日舞台あいさつ登場

アニメ
「UNDER THE DOG Jumbled」の初日舞台あいさつに登場した瀬戸麻沙美さん(左)と大久保瑠美さん

 劇場版アニメ「UNDER THE DOG Jumbled(ジャンブル)」の初日舞台あいさつが23日、新宿バルト9(東京都新宿区)で行われ、声優の瀬戸麻沙美さん、大久保瑠美さん、原作者のイシイジロウさんらが登場した。特殊部隊に所属し、家族を人質にとられた女子高生・冬月ハナ役の大久保さんは「私が関わらせていただいた作品史上、一番ダークだったかもしれないと思うくらいの作品で、よい経験をさせていただいたと思います。そういった作品が劇場上映されて、いろいろな人に見ていただけることが本当にうれしいです」と話した。

 高い戦闘力を持つアンシア・カレンバーグ役の瀬戸さんは、テーマソング「少女たちのメロディ」も歌っており、これまで歌ってきた曲の中で一番高音を出したといい「挑戦の収録」と振り返った。また、イシイさんは「軍や武器の考証など、細かいところをこだわり抜いています。ブルーレイディスクで再生する時、止めたり、巻き戻したり、コマ送りしながら見ると『うわっ!』って気づくところがたくさんありますので、ぜひ楽しんでいただければと思います」と自信を見せた。

 「UNDER THE DOG」は、ゲームクリエーターのイシイさんが原作を手がけたSFアクションアニメ。国連管轄の特殊部隊フラワーズに所属する冬月ハナが、ある任務のため江の島の公立高校に転入する……というストーリー。米クラウドファンディング「Kickstarter」で、出資者を募り、製作されることになった。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る