シンカリオン:エヴァコラボ回に洞木コダマ・ヒカリ・ノゾミ3姉妹登場 岩男潤子が3姉妹を演じ分け

テレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の8月11日放送回に登場する人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの(左から)洞木コダマ、洞木ヒカリ、洞木ノゾミ (C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS (C)カラー
1 / 4
テレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の8月11日放送回に登場する人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの(左から)洞木コダマ、洞木ヒカリ、洞木ノゾミ (C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS (C)カラー

 新幹線がロボットに変形する人気コンテンツのテレビアニメ版「新幹線変形ロボ シンカリオン」の8月11日放送回(第31話)に、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターである洞木(ほらき)ヒカリと、その姉妹のコダマ、ノゾミが登場することが27日、明らかになった。第31話は、「新世紀エヴァンゲリオン」をモチーフにした新幹線「500 TYPE EVA」がシンカリオンに変形し、その運転士として碇シンジが登場することが発表され、話題になっている。洞木3姉妹の声は、ヒカリのオリジナルキャストである声優の岩男潤子さんが一人で演じ分ける。

 洞木ヒカリは、「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公・碇シンジの同級生。姉と妹の存在は劇中で明かされており、2017年の山陽新幹線全線開業40周年を記念した「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」で新幹線「500 TYPE EVA」の運行がスタートしたことを記念して、ヒカリの姉・コダマと妹のノゾミがキャラクター化された。コダマとノゾミがアニメ本編にキャラクターとして登場するのは、今回が初めて。

 ロボット形態の「シンカリオン 500 TYPE EVA」と「シンカリオン E5はやぶさ」が共闘する姿を収めた場面カットも公開。また、同話で「エヴァンゲリオン」シリーズの楽曲が使用されることも発表された。5月5日放送回(第17話)にも新幹線「500 TYPE EVA」は登場し、楽曲が流れたことが話題となったが、今回は前回を上回る楽曲数になるという。

 「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーによるコンテンツ。アニメは、鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下深くに存在する特務機関・新幹線超進化研究所が、漆黒の新幹線が生み出す巨大怪物体から日本の未来を守るため、新幹線変形ロボ・シンカリオンを開発した……という設定。TBS系で毎週土曜午前7時に放送。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る